2020年 9月 20日 (日)

稀勢の里vs逸ノ城! そのとき巨人・原監督が見せた「表情」は...

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   横綱稀勢の里が引退を決め、大きな話題となっている大相撲初場所。「19年ぶりの日本人横綱」の辞意とあって世間の注目度は高いが、その2日前の2019年1月14日(初場所2日目)に、NHKが放送した大相撲の中継で、プロ野球・巨人の原辰徳監督が相撲を観戦する様子が写り込んでいたことが視聴者の間で話題だ。

   原監督が両国国技館を訪れ、稀勢の里を応援していたことは各メディアで伝えられたが、それと併せて注目されているのが、相撲中継中の原監督の表情だ。

  • 巨人・原辰徳監督(2014年撮影)
    巨人・原辰徳監督(2014年撮影)
  • 巨人・原辰徳監督(2014年撮影)

画面奥に映る「たまり席」で観戦

   この日、原監督が陣取っていたのは向こう正面のたまり席。16時17分頃にテレビ画面に写り込んだのは、腰をかがめつつ歩を進める、ベージュ色のジャケットを着た原監督の姿だった。

   大翔丸(前頭十六枚目)と千代翔馬(前頭十四枚目)が時間いっぱいとなり見合った直後、テレビ画面の奥の方では原監督がにこやかに周囲の人々に会釈をしながら、席に向けてゆっくりと前進。やがて席にたどり着いた原監督は腰を下ろし、2人の取り組みを見るべく土俵に視線を向けたが、その瞬間、大翔丸を変化でかわした千代翔馬が「送り出し」で勝利。わずか数秒間の短い取り組みだったため勝負が決まった瞬間を見逃したのか、中継の中の原監督は一瞬キョトンとした表情を浮かべていた。

   次の取り組みである矢後(前頭十三枚目)と豊山(前頭十四枚目)の一戦では、会場内が寒かったのか黒いコート姿となった原監督の姿が。これ以降、原監督は時折、周囲の観客と言葉を交わしつつ相撲を観戦。琴奨菊(前頭四枚目)と碧山(前頭五枚目)が土俵に上がった際には再びベージュ色のジャケット姿に戻ったが、その表情がひときわ真剣なものとなったのが、稀勢の里と逸ノ城(前頭筆頭)の一番だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中