2020年 9月 24日 (木)

ロッテ強力補強は「丸にフラれた」おかげ? 新戦力5人の年俸を合計すると...

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   ロッテの涌井秀章投手(32)が2019年1月17日、契約更改を行い、現状維持の2億円(金額は推定)でサインした。背番号は「16」から「18」に変更となった。去就に注目が集まったベテランの契約更改で補強を含めた戦力が出揃い、ロッテの今季のチーム構成がほぼ固まった。

   涌井は昨季、22試合に先発して7勝9敗、防御率3・70と2年連続で負け越した。調子を落とした8月には2軍落ちするなど、チームの勝負所で結果を残すことが出来ず、期待された2ケタ勝利にも届かなかった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

年が明けてからは新外国人の獲得ラッシュ

   今回の現状維持はフロントの期待値が含まれるものとなるが、一部ファンからは2億円の年俸に「高すぎる」との声も。その一方で球団関係者からは現状維持はFA(フリーエージェント)で巨人に移籍した「丸のおかげ」と指摘する声もある。

   ロッテは昨オフ、FAで丸佳浩外野手(29)の獲得を目指したものの失敗に終わった。一部報道では、ロッテが丸獲得に提示した条件は6年総額25億円規模とされ、超大型契約を用意していたという。

   丸にフラれ、強化費に余裕が出来たロッテは、昨年末から今年1月にかけて補強を強化。丸の巨人移籍が決まる以前の2018年11月にケニス・バルガス内野手(28)を獲得し、丸の移籍決定直後の12月6日には楽天を戦力外となっていた細川亨捕手(38)と契約を交わした。

   年が明けてからは新外国人の獲得ラッシュで、1月7日のメジャーリーガーのジョシュ・レイビン投手(30)の獲得に始まり、14日には横浜、DeNAに所属していたブランドン・マン投手(32)、翌15日には日本ハムから自由契約となっていたブランドン・レアード内野手(31)の入団が発表された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中