2019年 10月 15日 (火)

松田兄弟は「水10」と相性良い? 兄・龍平に続き「家売るオンナ」翔太が好評

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)に出演中の俳優・松田翔太さん(33)が人気だ。同ドラマは2016年7月期に放送された「家売るオンナ」の続編。難題を押し付けてくる顧客に、「私に売れない家はありません!」の決め台詞で次々と不動産を販売する、不動産会社のカリスマ営業担当者・三軒家万智を北川景子(32)さんが演じる。

   一方の松田さんが演じるのは、三軒家のライバルでフリーランスの不動産営業マンの留守堂謙治。物件を顧客に猛プッシュする三軒家とは対照的に物腰穏やかに業務をこなすなど、対照的な営業スタイルで三軒家を脅かすキーパーソンだ。これだけでも注目要素は満載だが、加えて視聴者の注目を集めているのは、三軒家の同僚の足立聡(千葉雄大さん=29)とのシーンで見せる「ただならぬ関係」だ。

  • 松田翔太さん(2015年撮影)
    松田翔太さん(2015年撮影)

第2話では「顎クイ」が飛び出す

   同作はこれまでに第1話と第2話が放送されたが、第1話では留守堂と足立の「運命的」な出会いが描かれた。

   同業者とはいえ勤務先は全く違う2人だが、足立は自らが常連として通うフェンシングクラブに現れた留守堂との対戦をきっかけに出会い、三軒家の営業成績を上回りたいといった野心を打ち明けるように。身の上話をするうちに2人は親しくなる......という関係性が描かれた。

   第2回では2人の距離がより近くなる出来事があった。フェンシングクラブの更衣室で出会った際に、留守堂は足立の顎に手を添えるという、いわゆる「顎クイ」のシーンがあったため、視聴者からは「腐女子の期待を裏切らない松田翔太×千葉雄大です」といった声が続々。「千葉雄大と松田翔太のBL展開とか世界でも救う気か?」と興奮する声も上がっているが、それに併せて「2クール連続で松田兄弟は幸せすぎる」という声も上がっているのが特徴的だ。

前クールの同枠では、兄の松田龍平さんが活躍

   「家売るオンナの逆襲」の前クールの日本テレビの同枠では、「獣になれない私たち」が放送されていた。同作には女優の新垣結衣さん(30)と共に俳優の松田龍平さん(35)が出演。新垣さんと共に、仕事や人間関係で苦闘する公認会計士役を熱演した。2クールにわたる松田兄弟の連続出演には、前述の声のほかにも「けもなれに引き続き松田兄弟にヤられてるなぁ」といった声が続々。「お顔の造形的には松田龍平氏。松田兄弟は絶対に兄派」「翔太めちゃめちゃイケメンなんやが」と、どちらがより好きかをツイートする視聴者も後を絶たない。

   松田兄弟による「放送枠のリレー」が視聴者をざわつかせ続けている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中