2019年 10月 20日 (日)

ドラゴンボール復刻版、中指立てた描写カット 「原版のとおり収録」と説明していたが...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   人気アニメ「ドラゴンボール」の復刻版ブルーレイ・ディスク(BD)で、「原版のとおり収録」との説明にもかかわらず原作が修正されていたとして、複数のファンが説明を求めている。

   ファンの一人は、取材に「著作者や消費者に対する背信にあたる」と憤る。

  • 修正前後(DRAGON BALL THE MOVIES #06より)
    修正前後(DRAGON BALL THE MOVIES #06より)

復刻版では握りこぶしに

   問題視されているのは、1986~1996年の期間に公開された映画「ドラゴンボールZ」シリーズの復刻版だ。東映ビデオが18年11月2日から発売している。

   登場人物の「トランクス」が中指を立てる原作のシーンが、復刻版では握りこぶしになっている――。一般のツイッターユーザーが「修正」を指摘すると、投稿は広く拡散。ファンらから「また表現の自由が一つ失われた」「買おうと思ってたけど本当残念」といった声が寄せられている。

   J-CASTニュース編集部で映像を確認すると、「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」「復活のフュージョン!!悟空とベジータ」の2作品で、「トランクス」と「ゴジータ(フュージョン失敗)」の中指シーンが3か所修正されていた。

   ブルーレイのパッケージには、「この作品には、映像、台詞の一部に、現在では不適当と思われる表現もありますが、作品の歴史的価値を重視し、現存する原版のとおり収録してあります。ご了承ください」との注記がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中