2019年 7月 22日 (月)

ポテトに「歯のような異物」混入 マクドナルド「現在調査中」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   千葉県内のマクドナルドで、商品に歯のような異物が混入していたことが、J-CASTニュースの取材で分かった。

   日本マクドナルドの広報は2019年1月21日、「現在調査中」とコメントした。

  • マックフライドポテト(画像は異物混入した現物ではありません)
    マックフライドポテト(画像は異物混入した現物ではありません)

購入者からの報告で発覚

   日本マクドナルドによれば、1月16日に販売した「マックフライドポテト」のLサイズに、歯のような異物が混入していた。購入者からの報告で発覚した。

   店舗では客に謝罪した上で、新しい商品と取り換えた。保健所には22日に届け出る予定だという。

   日本マクドナルドは現在、第三者機関に異物の特定を依頼しており、本来混入してはいけない物だった場合、混入経路を調べるとしている。

   調査結果については客との個別案件のため、公表の予定はないという。

   異物混入をめぐっては、14年8月に「マックフライポテト」で、18年8月には「ソーセージエッグマフィン」で歯が見つかっていた。

(J-CASTニュース編集部 谷本陵)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中