2019年 2月 23日 (土)

強者バイドゥが受けた批判 問われる「社会的責任」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年に入ってから、多くの中国のウェブサイトや中国版ラインのWeChatに掲載され、話題を集めている記事がある。タイトルは、「検索エンジン百度(バイドゥ)は既に死んでいる」(中国語「搜索引擎百度已死」)。

   バイドゥで、ユーザーがあるキーワードを検索すると、まずバイドゥに載った文章が出てくることを、この記事は批判する。まずキーワードで検索し、それに関する記事やコンテンツを読み進めるのが中国人の一般的な習わし。元々の文章が乗ったURLなどではなく、バイドゥへの転載がまず出てくるなら、疑いなくバイドゥへのトラフィックは巨大なものになる。逆に元々のサイトに関連する人たちは、トラフィックがもたらす儲けを手にすることができなくなってしまう。

  • バイドゥのナビゲーションサイト「hao123」の画面
    バイドゥのナビゲーションサイト「hao123」の画面

「封建制」の伝統のせい?

   皇帝の下の諸侯たちが自分の領有する地やその地の人々を統治した封建時代。中国では長くそんな時代が続いた。封建制の下では、その地の産業が保護された。河南省新郷市に取材に赴いた際、家電売り場では新郷以外の地で作られた冷蔵庫が並んでいなかったことを思い出す。新郷にはこの地の政府と関係が特に深い冷蔵庫メーカーがあるのだ。つい最近までそんな状況だった。

   ネット時代のいま、電子商取引(EC)は地域を隔てていた壁を一挙に取り崩したものの、バイドゥのような検索エンジンが、相変わらず封建制を採り続けているともいえる。自分たちへのトラフィックを最大にするためで、そこではオリジナルなものへのリスペクトも欠けている。

   それだけではなく、バイドゥで病院を検索すると、バイドゥに宣伝費を払っている病院がまず出てきて、技術力が高い公立病院などはバイドゥで探すことは難しい。こうした構造の下で、これまで、私立病院の詐欺事件も発生しており、バイドゥは社会から責められたこともある。ことは病院に限らず、あらゆる業界で、まず検索結果として示されるのは、バイドゥになにがしかのお金を払っている会社であることが多い。払っていない会社については、何ページも何ページも繰っていってようやく表示される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中