2021年 3月 5日 (金)

今年の春闘で、私たちの給料は増えるのか 思惑にずれで先行き不明

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「相場観がなくなる」関係者不安も

   過去の春闘では、トヨタ労組がベアを獲得して先鞭を付け、後に続く企業の労使交渉を有利に運ぶという図式が一般的だった。しかし、トヨタがグループ内の格差是正を重視するようになった今、従来のやり方は通用しなくなりつつある。

   連合がベアと賃金水準の「二兎を追う」新たな戦略を掲げた背景には、こうした春闘の変化がある。しかし、ベア非公表について、労組関係者には「交渉の相場観がなくなる」との不安がくすぶる。電機メーカーの労組でつくる電機連合は2019年春闘でも月額3000円以上のベアを要求するなど、連合傘下の産別の足並みは乱れており、交渉の勢いが削がれる懸念もある。

   労使ともに所得向上の重要性や、政府の春闘介入を嫌う意識は共通しているものの、賃上げの具体的な手法などをめぐる溝は深く、交渉は難航しそうだ。また、安倍首相の異例の賃上げ要請が過去5年間、一定の成果をあげたのも事実。政府の存在感が薄い中、賃上げや格差是正を実現できるのか、脱・官製春闘の行方が注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中