2020年 9月 20日 (日)

日本語より韓国語などが目立つ? 沖縄都市モノレールの駅名標に「違和感」の声

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   ゆいレールの愛称で呼ばれる沖縄都市モノレールで、日本語の駅名の上に韓国語や中国語などの駅名がある標識があったとして、ツイッター上で疑問の声も出ている。

   モノレール側は、J-CASTニュースの取材に対し、「日本語の駅名の下だと小さくなるので、目立つような標識も別のところに設置した」などと説明している。

  • 日本語の駅名の標識がメインだが…
    日本語の駅名の標識がメインだが…
  • 日本語の駅名の標識がメインだが…

「日本語メインで下に英語で十分」との声も

   緑色の細長い標識では、日本語の「旭橋」の上に韓国語や中国語で同じ駅名が印字されている。

   ツイッター上では、2019年1月28日ごろにこんな写真が投稿された。ツイート主は、日本語の表記が下にあることはおかしいと疑問を呈し、インバウンドの外国人観光客のためだとはいえ、日本語表記を優先させるべきだと訴えた。

   この投稿は、反響を呼んで、様々な意見が書き込まれている。

   「なんか違和感あるね」「日本語メインで下に英語で十分」といった声も多く、2月4日夕現在で5000件以上も「いいね」が付いている。もっとも、「旅行者の立場なら嬉しいし便利 過剰反応しすぎ」「まあ観光都市だし良いんじゃない?」といった声も出ていた。

   沖縄都市モノレールの営業企画課は4日、日本語の標識がメインで各駅に7か所あり、このほかに英語、中国語、韓国語の標識がそれぞれ2か所あると取材に説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中