2021年 3月 5日 (金)

北朝鮮選手団、日体大が受け入れへ 東京五輪出場に向けた「課題」は

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

ドーピング問題にも懸念が

   また、北朝鮮はドーピング問題を抱えており、世界反ドーピング機関(WADA)は北朝鮮の反ドーピング機関を国際基準の規定を順守していない「不適格組織」に認定している。これにより、韓国が北朝鮮との共同開催を目指す2032年夏季五輪の誘致も危ぶまれている状況で、北朝鮮は検査体制の改善を求められている。

   現在、日本は北朝鮮と国交がなく、政治的には拉致問題などもあり、今回の事前合宿受け入れに関してネットでの反応は複雑。今後、南北合同チームは4つの各競技で大陸別予選に挑み、出場権の獲得を目指していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中