2019年 11月 14日 (木)

3月、英国EU離脱相場への選択肢にFX「シストレ24」 2016年の「国民投票」でも立ち向かった人がいた

印刷

   2019年3月29日に欧州連合(EU)離脱の回答期限を控えている英国に、協議がうまくまとまらず「合意なき離脱(ハードブレグジット)」になる可能性が浮上するなか、為替相場をにらむFX投資家は落ち着かない毎日を過ごしている。

   期限が迫り、合意しようがしまいが、いずれにせよ為替相場に多大な影響を与えることは必至との見方が強まっているからだ。FX投資家は安心できない。

   思い出されるのは、2016年6月の「EU離脱に関する英国の国民投票」。フタをあけると、市場予想とは反する「EU離脱」という開票結果に。ポンド相場は大荒れとなった。

   しかし、じつはそんな荒れ相場にあって、FXの自動売買(システムトレード)の「シストレ24」ユーザーの中には、賢く立ち回っていた人がいた。

英国のEU離脱決定 その時「シストレ」ユーザーはどう動いた?

   2016年6月24日のEU離脱をめぐる国民投票では、その日だけで1ポンド140円台から130円台へと、10円以上も急落した。国民投票直後にインヴァスト証券へインタビューしたところ、大相場へチャレンジした人もいたようだ。

「英国の国民投票の日には、リスクを考慮して事前に『シストレ24の稼働を止める』ことを選んだお客様も多くいらっしゃいましたが、一部のお客様はご自身でリスクを理解いただいたうえで、『運用を止めなかった』人もいます」

   インヴァスト証券の「シストレ24」は、売買プログラム(ストラテジー)に取引を一任するサービス。国民投票の際にも「シストレ24」を稼働させておけば、自動で取引をしてくれた、ということ。「シストレ24」は5000種類以上のストラテジーを用意しており、ストラテジー搭載数は世界NO.1(※1)で、さまざまな相場に対応できるような体制を整えている。

2016年の英国国民投票後のポンド円ストラテジーの実現損益TOP5(2016年7月6日時点)
2016年の英国国民投票後のポンド円ストラテジーの実現損益TOP5(2016年7月6日時点)

   しかし、利益を出せるストラテジーを選ぶ「目利き」が「シストレ24」には必要。過去に実績があるストラテジーを選んだところで、自分が稼働させたときに、利益を出せる保証はない。今回のEU離脱騒動では「シストレ24」をどのように活用したらいいのか......。インヴァスト証券マーケティング部に再度話を聞きに行った。

「ストラテジーを選ぶのが難しいという声は、以前よりいただいておりましたので、『フルオート』という機能を開発し、『シストレ24』に追加しました。『フルオート』は2016年10月にリリースしてから改良を重ね、今年(2019年)2月にもさらに機能を改善し、グレードアップしました」

自動売買のシストレ24 「フルオート」で機動的に「戦略変更」

   シストレ24の「フルオート」とは、ストラテジーを定期的に交換する機能。「フルオート」で運用を始めれば、設定に基づき、ストラテジーを1週間ごとなどで自動にチェンジする。

「たとえば、AとBのストラテジーがあるとします。Aのストラテジーが今まで好調でしたが、Bのほうが今週利益を出し始め、調子が上向いてきたというときに、自動でBに入れ替えてくれるという作業を、『フルオート』が行います。同じストラテジーが、ずうっと勝ち続けることはあり得ないので、『フルオート』のように定期的にストラテジーを入れ替えることを当社では推奨しています。
 手動で調子のいいストラテジーを選別するとなると、当社には5000種類以上のストラテジーがあるので、膨大な時間を要します。その点『フルオート』なら、自動的に毎週入れ替えを行うので、時間も手間もかかりません」
フルオートには数十種類の設定をデフォルトで用意
フルオートには数十種類の設定をデフォルトで用意

   「フルオート」は管理画面にログインすると、数十種類のストラテジーが表示されている。「実現損益」や「収益率」、「最大リスク」の項目を参考に、好みの「フルオート」を選ぶ人が多いようだ。

   なかには自分でカスタマイズして、たとえば「ポンド関連のストラテジーだけを選ぶフルオート」を自作することもできる。

「フルオート」バージョンアップで、誰でもいつでも始めやすくなった

   2019年2月、シストレ24の「フルオート」は複数のバージョンアップを実施する。いったい、なにが変わったのか――。

「特徴的なのは、安定した運用収益を目指せるようになったこと。今までは大きく利益を出してから、中規模の損を出して、次にまた大きく勝つまで待つ、といった『山あり谷あり』の運用収益を出すフルオートもありました。
今回のバージョンアップで『運用効率』という機能を追加し、これを利用すれば、緩やかな運用収益を目指せるようになりました」

   バージョンアップによって、「勝ち・負け」のブレ幅が少なく、緩やかな運用収益を目指せるようになれば、メンタル面にもメリットが生まれる。

   ドカンと勝ったあとに、損失がでるようなフルオートでは、損する時期に運用を始めた場合、精神的にキツイものがある。しかし、大きく負けるようなフルオートでなければ、「始め時を間違えた......」というショックは少なくなるはずだ。

「ストラテジーの『好調』の定義も変更しました。簡単にご説明しますと、1回大きく利益をあげたものではなく、直近で連勝しているストラテジーを『好調』とみなすようにしました。これによりフルオートが『最近、調子のいいストラテジー』を選ぶ精度も向上しています」

   為替相場に大きな影響をもたらす出来事がある場合、取引を控えることが一般的には無難とされるものの、荒れ相場には収益チャンスが眠っていることも事実。しっかりとリスクを把握したうえで、アクティブに利益を狙うなら、2016年の英国国民投票でも実績を残した「シストレ24」も選択肢として考えたい

   「フルオート」のバージョンアップを記念して、2019年2月28日までに新規に入金した人には条件達成で16,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンも実施しているので、大相場になる前にトライしてみてはいかがか。



【参考リンク】

◆英EU離脱 シストレ24を利用しているFX投資家はどう乗り切ったのか?

◆FXの取引方法はシェアする時代に 1000人以上の投資家が参加した「俺のフルオート」

◆シストレに疑問を持つ投資家に聞きたい、「自分でやって、ホントに勝てるの?」

※1ミラートレーダー取扱業者中ストラテジー数世界NO.1  2018年10月31日トレーデンシー社調べ

【リスク・費用などについての重要事項】 本取引は、取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生ずるおそれがあります。 また、スワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。当社は、必要証拠金率が一定水準以上となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、 本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。
  • 売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。
  • 投資助言報酬は、1k(1,000通貨)あたり1円(税込)となり、スプレッドに含まれます。
  • 本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。
  • 証拠金は、時価評価額の4%の額(円換算額)で、証拠金の25倍までのお取引が可能です。(法人は時価評価額に対し為替リスク想定比率を加味した金額(円換算額)が適用されます。)
  • 本サービスは、お客様がストラテジーを選択し、選択したストラテジーが設定したシグナルにしたがって自動売買を行う取引システムです。また、お客様の裁量により、手動売買を行うことも可能です。
  • 本取引は、元本および収益が保証された取引ではありません。お取引にあたっては、お客様ご自身の責任と判断でお取引していただきますようお願いいたします。

「シストレ24」の詳しいリスクについてはこちらをご覧ください。

【商号/登録番号】

インヴァスト証券株式会社 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-21
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号

【加入協会】

一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会

姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック