2019年 3月 19日 (火)

朝日新聞社内で「マスコミの現状」を問う! 正論YouTuber「せやろがいおじさん」コラボは、なぜ実現したのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   海を背景に、赤いふんどし姿で社会に対して正論をさけぶ、沖縄在住の芸人でユーチューバーの「せやろがいおじさん」(チャンネル登録7万6000人以上)。そんな彼が、東京・築地の朝日新聞東京本社に「乗り込み」、マスコミに一言申す動画が2019年2月19日、YouTube上に公開され、話題を呼んでいる。

   新聞社内で次々と「正論」を叫ぶ動画に、ネット上では「よく、社内で撮影許してくれたな」など驚きの声が相次いでいるが、せやろがいおじさん本人も「懐が深い」と驚いている。

  • 朝日新聞社で一言申すせやろがいおじさん(本人のYouTube動画より)
    朝日新聞社で一言申すせやろがいおじさん(本人のYouTube動画より)

新聞社で「マスハラ」主張

   動画の尺は、約2分10秒。冒頭、せやろがいおじさんは「お~い、マスコミの皆さ~ん、『マスゴミ』って言われてるけどどないする~?」と問いかける。その後、「こうなったらマスコミに直接殴り込んで言うたるで!」と叫んでジャンプし、場面は朝日新聞東京本社前に切り替わる。

   次に動画では、編集局内とみられる場所に移り、

「安室(奈美恵)ちゃんが引退する時に親戚のところ押しかけたりとか、人の土地入って勝手に撮影したりとか、あと裏(事実確認)取れてないのに時事性優先して流しちゃうところとか、他の会社を出し抜いてスクープを撮れたら、もう手段は選ばん! みたいなのはどーかと思う!」
「『マスゴミ』とまでは言わんけどこれはマスコミによる立派なハラスメント 『マスハラ』やと思う」
「他の業界のセクハラとかパワハラは報じるクセに、自分は堂々とハラスメントしてる!」

などと次々とまくし立てる。社員に話を振り、掛け合う場面もある。

   続くシーンでは、廊下とみられる場所を走りながら、

「マスコミは色んな業界が抱えている問題を指摘して問題提起する」
「じゃあマスコミが抱えている問題は誰が指摘する!?」

と疑問を呈し、屋上では、

「マスコミ同士で報道のあり方について、批判し合ったりツッコミ入れてくれる第三者機関を自分らで作った方がええと思う!」

などと持論を展開。最後は、沖縄の海に戻って、「マスゴミの『ゴミ』って言われてる部分片付けよ~」と叫ぶ。動画のコメント欄には、「受け入れた朝日新聞東京本社、えらい」「行動力の塊すぎですって」など、驚きの声が相次いで寄せられた。再生回数は22日14時現在で、2万3000を超えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中