2019年 5月 23日 (木)

おぼん・こぼん解散ドッキリ「やっぱ水ダウは凄い」 異様な緊張感に視聴者も「戦慄」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2019年2月27日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、「芸人解散ドッキリ、師匠クラスの方が切ない説」を検証、ターゲットの漫才コンビ「おぼん・こぼん」(1965年コンビ結成)の展開に衝撃が走った。

   別室でモニタリングしていたナイツの塙(はなわ)宣之さんは検証前に、このコンビは仲が良い・悪いを繰り返していると話し「(今は)53年で一番悪いところです。8年間私語をしていないらしいです」と明かしていた。

  • 画像は公式サイトより
    画像は公式サイトより

こぼん「スッキリしましょ?」

   2人は目も合わせない。VTRを見ていたダウンタウン・浜田雅功さんも「怖いなあホンマに」「ようこんな人選するな」とコメントするほど、重い空気が感じ取られた。

   「解散」を切り出す仕掛け人はおぼんさんで、こぼんさんは何も知らずに呼び出されたといいう状況。おぼんさんは唐突に「俺が何で怒ってるかわかるか」「53年間コンビ組んできて俺の考えてることがわからへんか?」と切り出し、「謝るか謝らへんか?俺に対して」とこぼんさんに詰め寄った。

   VTRを見る限りでは脈絡のない展開に、スタジオも困惑している様子が伺われた。こぼんさんは「お前とは話さなくてもいい」「もういい」と取り合わなかったが、おぼんさんはさらに「(こぼんさんは)サービス精神つうのないんかいな」などと発言。居づらくなったのかマネージャーは途中で退席したが、場は収まらず、2人が所属する漫才協会を巡って言い合いのような形になった。

   そしてついに、

こぼん「スッキリしましょ?辞めるなら辞める」
おぼん「やってたってしょうがないやん」
こぼん「そんなんならもう辞めてしまいましょう」

と、仕掛け人でないこぼんさんから解散を切り出し、解散が決定してしまう展開に。ナイツが急いで「ドッキリ大成功」プラカードを持って部屋に入ったが、こぼんさんは「なんやそれ」「シャレになるドッキリとならんドッキリあるでこれ。おい」と、おしぼりのようなものを投げつけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中