2019年 11月 23日 (土)

中国人気俳優の論文盗用 「博士号」絡む不正に厳しい目

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   中国の人気俳優、翟天臨(ディー・ティエン・リン)が2019年2月14日、北京大学の「ポストドクター」を辞した。一カ月に何本ものテレビドラマに出演するほどのイケメン俳優、翟。だが、他人の著作や論文を盗用して修士論文と博士論文を完成させたことが暴露され、世論の注目を大いに集めていた。盗用認定にあたっては、複数の論文の文章をチェックするソフトを駆使して、ネット民たちが大活躍した。

  • 博士号を取得した時の?天臨=「百度」サイトから
    博士号を取得した時の?天臨=「百度」サイトから

「お手本」だったのに......。

   ドラマや映画に出演する際、翟はいつも正統派の二枚目、いい人役で登場していた。そして、俳優をやりながら学業もこなす正真正銘の「秀才」と、世間で認められていた。「とても良い」成績だったため、無試験で北京電影(映画)大学演技学部に入学し、そして「成績優秀」だったため、修士号と博士号を取得。日本では俳優の学歴はそこまで重視されないだろうが、中国では違う。俳優は演技の巧みさのほかに、人並み以上の学識が求められる。翟はまさにその「お手本」。彼は博士号を習得しただけではなく、首尾よく北京大学のポストドクターになっていた。

   日本でポストドクターといえば、博士号を取った人が、就職先や研究者としての正式な身分を得る前に研究を続ける、どちらかといえば地味なイメージかもしれない。しかし中国のポストドクターはとても名誉あるポストだ。本人が重要なポジションに就くまで保持できる「ステータス」である。

   論文盗用によって修士号、博士号を取得したことが暴露された?は、「秀才」の輝かしいイメージもすべて失ってしまった。なぜ彼をポストドクターとして受け入れたのか、北京大学側はいまのところ説明していない。

先生と教え子 官僚との蜜月

   中国の博士号取得者の数はいまやアメリカを追い越してしまったとされる。そして、その半分以上は政府機関に入り、官僚になっている。栄達をめざす者にとって、「博士」はどうしても欲しい肩書であるようだ。ただ、その「質」には、かねて厳しい目が向けられていた。

   中国の国営通信社である新華社傘下の「瞭望シンクタンク」がこの何年かの間に懲戒処分された政府高官の学歴を調べたところ、処分された142人のうち博士号を取得した者が48人、修士が66人だったという。さらに詳しく調べていくと、彼らの学歴は、「取得するまでの期間が短い」、「多分野にまたがって研究しているケースが多い」、「有名校が多い」、「疑わしいところが多い」という、「四多」の特徴があった。

   なぜ北京大学などの国立大学は、政府の高官や俳優に博士号を授与するのか。その高官が処分されたなら、大学のイメージが傷つけられるのではないかと思われるかもしれない。だが、実際はどんな大きなスキャンダルが起こっても、大学のイメージが傷つけられることはなく、大学側もそれに何ら答える必要もないのだ。

   やはり新華社傘下の雑誌「半月刊」がかつてこんな実態をスクープしたことがある。ある大学で、博士課程で学ぶ官僚二人を指導していた教授がおり、その教授の息子は政府の重要な機関に入った。そして教授夫妻は毎年、博士となった官僚たちが所管している風光明媚なリゾート地に招待され、この教授が新築マンションを購入した際には、二人の「学生」のうち一人が内装費用を負担、もう一人が家具と家電製品をプレゼントした――。

   順調に北京大学ポストドクターに収まっていた二枚目俳優、翟天臨のスキャンダルは、腐敗行為によって懲戒処分となった官僚のほとんどが高学歴の持ち主であることも、一般庶民に改めて思い起こさせた。博士やポストドクターの輝かしいイメージもひどく損なわれることになった。学術界のこうした暗部を正すことは、中国でいまや喫緊の問題になってきていると私は思う。

                         

(在北京ジャーナリスト 陳言)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中