2019年 4月 18日 (木)

ラグビー元日本代表、吉田義人氏が書いた『矜持』 W杯前に人気再燃

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ラグビー元日本代表のWTB(ウイング・スリークオーター・バックス)として活躍した吉田義人氏の著書『矜持(=きょうじ)』が、話題を呼んでいる。

  • 自身の著書「矜持」を手にする吉田義人氏と妻の亜里さん
    自身の著書「矜持」を手にする吉田義人氏と妻の亜里さん

2年前に出した本

   吉田氏は、秋田工-明治大、そして日本代表で活躍した。1989年のスコットランドXV戦(東京・秩父宮)では、相手陣を一気に駆け抜ける圧巻のトライを挙げるなど、歴史的勝利に貢献した。1991年には、イングランドで開催された第2回W杯に出場。ジンバブエ戦では、2トライを挙げるなど日本代表のW杯初勝利に貢献した。

   1992年には、ニュージーランドラグビー協会100周年記念試合で、ニュージーランド代表(通称=オールブラックス)と対戦する「世界選抜」に日本人として初選出され、試合でトライを挙げるなど活躍した。

   そんな吉田氏が、2017年10月に発刊した書籍が「矜持」(発行=ホーム社、発売=集英社、価格=1600円+税)が今になって、話題を呼んでいる。タイトルの「矜持」は「自分の能力を優れたものとして誇る気持ち。自負。プライド」というものだ。

   出版されたのは、約1年半前だが、今年はW杯日本大会開催ということもあり、同書の人気が再燃。吉田氏の半生もちろん、「ラグビーを通していかに自分が成長できたか」などが記されていることが、人気の理由のようだ。

   吉田氏は現在、個人事務所を立ち上げ、子どもたちの「ラグビー教室」を主宰、運営しているほか、テレビ解説や番組ゲスト出演、執筆等の文化活動も行っている。今年2月には東京・二子玉川、3月には新宿で「トークショー兼サイン本販売会」を行うなど、ラグビー普及に向け、精力的な毎日を送っている。

   2019年3月中旬、都内で行われたイベントに出席した吉田氏は、

「小学校時代は、いわいるガキ大将。その時、友達に誘われ、ラグビーを始めました。当時のあだ名は『ヨッちゃん』。(出身である)秋田の冬は雪深く、鬼ごっこに近い感覚で、田んぼの雪の中を駆け回っていました」

   そこから始まった吉田氏のラグビー人生。秋田工で花園出場、明大では1年からレギュラー、4年では主将を務め、大学選手権優勝も勝ち取った。今年、50歳。ひたすらグラウンドを駆け抜けてきた「プライド」が、随所に垣間見られる。

「美人すぎる奥さま」

   3月のイベント会場には、吉田氏の妻亜里さんもいた。亜里さんはシンガーソングライターで、現在も旧姓の「大西亜里」として活動している。亜里さんは「美人すぎる奥さま」として、ラガーマンの間では有名。

   2人は、共通の知人を通じて出会い、2008年7月に結婚。2009年、現在、小学3年となる息子さん侍人(らいと)くんを出産した。「侍人」という名前は、「さむらい」の「らい」に吉田義人氏の「人」から取ったという。

   亜里さんによると、

「(吉田の)代名詞でもある『トライ』をひっくり返して付けました。まぁ、当て字なんですけどね。たまに『待人』(まちびと)と勘違いされたりします(笑)」

   そんな侍人くんは、2019年3月23日に横浜市内で行われた「少年7人制ラグビー」でも偉大なる父・義人氏ばりのランニングプレーを披露したという。

   亜里さんは、

「今年はW杯の年。吉田も精力的に頑張っています。息子も、お父さんの背中を追いかけるように、ラグビーを頑張っています!」

と、笑顔を見せていた。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中