2019年 9月 23日 (月)

"菌活"が新たなステージ 「プレバイオティクス」で健康作りへ

印刷

   慶應義塾大学の長谷耕二教授(生化学)と江崎グリコらが2019年3月19日、東京都内で腸の健康に関する研究セミナーを開催した。

   キーワードは、近年注目が集まる「プレバイオティクス」だ。

news_20190325163607.jpg
長谷耕二教授

体脂肪率の抑制に効果

   「人間は大量の微生物を保有する入れ物です」――。長谷氏はセミナー冒頭、こう話した。その言葉通り、腸内にすむ腸内細菌はおよそ100兆個あり、さまざまな種類から構成されているという。

   ただし個人差もある。40人の健常者を対象にした研究では、腸内細菌は20兆~120兆個とバラつきがあったという。長谷氏は、腸内細菌はエネルギーを生み出したり、免疫・代謝の調整を担ったりするため、腸内環境の維持・改善は重要だと説いた。

   セミナーでは、腸内細菌に有益な作用をもたらす微生物として、「プロバイオティクス」が紹介された。乳製品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌がこれにあたる。

   近年では、「プロバイオティクス」にイヌリンやペクチンといった大腸の細菌の栄養源となる食品成分「プレバイオティクス」を合わせた「シンバイオティクス」が注目を集めているという。

   シンバイオティクスの継続摂取による体脂肪率の抑制、敗血症合併症の予防、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の改善といった研究事例が、長谷氏によって示された。


姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック