2019年 6月 25日 (火)

貴景勝、横綱昇進に必要なことは? カギ握る「これからの一年」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

「貴景勝に今必要なのは勢い」

「現段階で貴景勝が四つ相撲を覚える必要はない。横綱になってから取り組んでも遅くはない。貴景勝に今必要なのは勢いです。下手に四つ相撲を覚えようとすると、リズムが崩れてしまい自分の相撲が取れなくなる恐れがある。横綱になるために必要なのは、相撲のスタイルではなく勢いです。貴景勝は今の押し相撲に磨きをかけることが一番大事。若く、勢いのある今が横綱になる最大のチャンスですから」

   平成以降、10人の横綱が誕生しているが、大関所要場所の平均は約17場所。最短は朝青龍の3場所で、これに曙の4場所、白鵬の8場所が続く。一方、スロー昇進は大関32場所目で横綱昇進を決めた武蔵丸。31場所の稀勢の里が2番目で、29場所の三代目若乃花が3番目となる。大関在位期間の短かった横綱ほど、横綱在位の期間が長く、優勝回数が多い傾向にあることから、将来を見込めば早い段階での横綱昇進が理想的だろう。

   かつての師匠、元貴乃花親方は大関を11場所で通過して22歳3カ月で横綱昇進を決めた。今年8月に23歳を迎える若き大関の横綱昇進は、この一年がひとつのヤマとなりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中