2020年 9月 30日 (水)

被災から8年、帰還未だ877人 桜とともに「待ち続ける」福島県富岡町のいま

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2019年3月19日、1年ぶりに訪ねた福島県富岡町は4月6、7日に開かれる「桜まつり」の準備に追われていた。5日から(14日まで)は、夜ノ森地区の桜のトンネルがライトアップされる。

   富岡町・産業振興課の猪狩力(いがり・ちから)課長は、「昨年はお祭りのときには、もう桜の花が散っちゃってたんですよ。だから今年は開催日を1週間早めました。きっと見ごろになると思います」。そう期待する。

  • 「桜まつり」には満開になる(富岡町の桜並木)
    「桜まつり」には満開になる(富岡町の桜並木)
  • よさこい踊りで、桜まつりを盛り上げる(2018年4月、阿部稔哉撮影)
    よさこい踊りで、桜まつりを盛り上げる(2018年4月、阿部稔哉撮影)
  • 廃炉資料館2階、テーマは「記憶と記録・反省と教訓」
    廃炉資料館2階、テーマは「記憶と記録・反省と教訓」
  • 廃炉資料館1階、テーマは「廃炉現場の姿」
    廃炉資料館1階、テーマは「廃炉現場の姿」
  • 館内の説明をする嶋津館長
    館内の説明をする嶋津館長
  • 「桜まつり」には満開になる(富岡町の桜並木)
  • よさこい踊りで、桜まつりを盛り上げる(2018年4月、阿部稔哉撮影)
  • 廃炉資料館2階、テーマは「記憶と記録・反省と教訓」
  • 廃炉資料館1階、テーマは「廃炉現場の姿」
  • 館内の説明をする嶋津館長

「桜を見に帰ってきてくれる。それだけでいい」

   桜まつりは富岡町の一大イベント。町に活気を取り戻そうと、2017年、震災後7年ぶりに復活した。

   夜ノ森地区は桜の名所で、約420本から成る2.2キロメートルの桜並木がトンネルをつくる。ただ、その一部はいまだに立ち入りが制限されている、帰還困難区域の中にある。今年は町が、その桜並木を走るバスを運行する。桜まつり初日に合わせた企画で、9年ぶりに区域内1.5キロメートルの区間を観桜できる。

   猪狩さんは、桜まつりが、町から避難を余儀なくされている町民たちが再会する場になってほしいと望んでいる。

   ある女性(78)は、「毎年来ていました。桜まつりで、春が来たことを実感できるんです。お友達と会って、話をするのが楽しみ。元気の源です」と、楽しみにしている。

   呼びものの「よさこい踊り」には、かつては町から5チームが参加。地方からの参加チームとともに、3か所の会場で躍動感あふれるパフォーマンスを披露していた。それが、今は1チームを組織するのがやっとだそうだ。

   「少しでも多くの町民に戻ってきてほしいですし、桜まつりが避難されている町民の方々が戻ってくるきっかけになったり、戻られた方と楽しくすごせたりする時間になればいいと思います」と、猪狩さんはいう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中