2019年 12月 7日 (土)

「40手前でここまで...」 壇蜜さん、「平成最後に『ラストヌード』」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   タレント・女優の壇蜜さん(38)が「ラストヌード」と銘打って2冊の写真集を同時に発売した。2019年3月31日、東京・新宿の紀伊国屋書店で発売記念イベントがあり、多くのファンがかけつけた。

   『モナリザ-雫-』、『モナリザ-結晶-』(講談社)の2冊で、それぞれ128ページある。

  • 同時に出た写真集2冊を両手で持つ壇蜜さん(2019年3月31日、東京・新宿の紀伊国屋新宿本店で)
    同時に出た写真集2冊を両手で持つ壇蜜さん(2019年3月31日、東京・新宿の紀伊国屋新宿本店で)
  • 『-雫-』は沖縄で撮影し、夏のさわやかさを表現した(撮影:西田幸樹・壇蜜写真集『モナリザ-雫-』(講談社)より)
    『-雫-』は沖縄で撮影し、夏のさわやかさを表現した(撮影:西田幸樹・壇蜜写真集『モナリザ-雫-』(講談社)より)

沖縄と福島で撮影

   『-雫-』は沖縄で撮影、夏のさわやかさを、『-結晶-』は福島で撮影、冬のものうげさをそれぞれ表現している。

   お気に入りのワンショットに挙げたのは、『-結晶-』の中で雪原にふるえながらたたずむ姿だった。カイロを取り上げられた瞬間で、本当に寒かったという。秋田出身の壇蜜さんの色の白さがとりわけ引き立っている。

   撮影は1年がかりで、1冊だと電話帳のような厚さになるので2冊に分けたそうだ。合わせると1キロ近いボリュームがあり、上質なエロチシズムをたっぷり堪能できる。

   平成の思い出を尋ねられると、「平成が始まったのは小学校低学年のころ、青春、職業難、恋人に振られたことと、常にあたふたしていました。でも育ててもらったので、敬意の方が大きいです」と語った。

ヌード「最後ですか?」という質問には...

   「ラストヌード」と銘打ってあるものの、「最後ですか?」という質問には、「マネジャーがお金次第と言っています」と切り返し、「平成最後に『ラストヌード』というのはゴロがいいでしょう。しばらくおとなしくしています」と答えた。

   29日からの発売3日目で、アマゾンの売上げランキングでは、写真集部門の25位、26位に早くもつけている。「40手前でここまでがんばった」と本人が言うように、並みのグラビアアイドルでは出せない情感がにじみ出ている。

   今後、彼女がふたたび写真集を出しても「だまされた」と怒るファンもいないだろう。壇蜜さんの、ということではなく、「平成」の掉尾をかざる「ラストヌード」と思えば、記念碑的価値もあるのではないだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中