2019年 12月 8日 (日)

「コブラ」作者が自爆覚悟の「恥写真」? 事務所「釈明20連投」の驚愕内容

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   人気漫画『コブラ』などで知られる漫画家・寺沢武一(ぶいち)さん(64)がツイッターに不謹慎な動画・画像を投稿したとして、寺沢プロダクションが釈明に追われる事態が起きた。

   「自身の恥となることを承知で、その動画、写真を投稿するという行為に至りました」などとしている同事務所。寺沢さんのツイッターアカウントを一時的に管理し投稿する形を取っており、説明は20連投に渡った。寺沢さんに何が起きていたのか。

  • 寺沢プロダクションがツイッターで釈明した
    寺沢プロダクションがツイッターで釈明した

A子さんが「某週刊誌」に売り込んだ、と説明

   2019年4月3日未明、寺沢さんのアカウントにこんな投稿があった。「寺沢プロダクションです。寺沢武一に代わり、一部ツイートを削除しました。しばらくの間、本人に代わりアカウントを管理致します」。その約15時間後の同日午後、「過日寺沢武一が行ったツイートについて寺沢プロダクションより経緯等をご説明申し上げます」として20連投の釈明がなされた。

   それによると、18年の数か月間、寺沢さんの手伝いとしてマンション別室の書斎に住み込んでいた「A子」という女性が大きく関わっている。A子さんは寺沢さんを7000枚に渡って「盗撮」のうえ知人に送信したほか、LINEとツイッターアカウントを乗っ取り、さらに睡眠薬投与などの危険行為にまで及んだとして、マンションから退去させた。

   これを「逆恨み」したA子さんが「寺沢からセクハラ行為等を受けた」として「某週刊誌」に売り込んだと事務所は説明。同誌はA子さんによる盗撮画像・動画の提供を受けたという。事務所側は同誌の出版社に出向き、質問に答えるとともに記事掲載中止を要請した。

   だが受け入れられなかったようだ。これが寺沢さんによる問題のツイッター投稿につながる。

「(編注:同誌は)記事の掲載を強行するようなので、自身の恥となることを承知で、その動画、写真を投稿するという行為に至りました」

   寺沢さん本人は「この行為を後悔し反省をしております」という。寺沢さんが投稿した問題の動画・写真は、「A子が撮影し知人に送ったもので、それを当社の関係者が取得したもの」だとしている。

「被害者は僕の方です」

   事務所には掲載予定記事の一部が事前に送られてきたが、「人に対する礼儀、敬意を欠いたものでしたので、当方にて修正し送り返しました」という。寺沢さんの発言部分として事務所が修正のうえ送り返したという内容は多岐に渡る。以下はその一部。

「話はしたくないが○○のときに寝室に入ってきて『(性的な)お手伝いします』と言ってきたことが何回もありました」
「そもそも呼び鈴も押さず声かけも無く自宅に無断で入ってくるのは不法侵入だし、僕の恥ずかしい姿を盗撮してばら撒くのだから被害者は僕の方です」
「彼女は自分でボランティアだと言っていたから、みな『押しかけアシスタント』と呼んでいました。妻は、無償では可哀想ということで月6万円を渡していたようです」
「A子さんは僕が懇意にしている女性を脅迫したり、彼女のプライバシーを詮索して、彼女の知人に僕との関係をバラそうとしたこともあった。僕のツイッターのアカウントを勝手に使って僕になりすまし他者とトラブルを起こしました」
「また、僕に睡眠薬を飲ませて昏睡、酩酊させ、その姿を盗撮して知り合いに送信していました。これは、傷害罪だし、一歩間違えれば殺人罪です。7000枚の盗撮画像があると聞いています。ひどい目に遭いました」

「侮辱し、尊厳を傷つけるという行為を目の当たりにしようとしています」

   事務所はA子さんに対して「過去に献身的に協力があったとしても、A子は睡眠薬を飲ませて酩酊させた無防御の寺沢にイタズラを繰り返し、そのはずかしい姿を写真に収め、知人に送るという行為をしました」と非難。同誌に対しても、

「毎週発刊される週刊誌の、ごく一部の欄を埋めるために、漫画界における昭和から平成に至る一時代を担ってきた人間をおもしろおかしく祭り上げ、侮辱し、尊厳を傷つけるという行為を目の当たりにしようとしています」「このような精神的な圧迫の中、すでに削除したようなツイートが行われた次第です」

と抗議の意を表明している。

   その上で、「投稿した写真その他によって、皆様に不快な思いをさせてしまったことは、本人も悔いておりますし、寺沢プロダクションとしても皆様に大変申し訳なく反省しております」と謝罪している。

   一方、デイリー新潮は4月3日夕、「4日発売の週刊新潮で詳しく報じる」として、上記トラブルについて概要版の記事を配信した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中