2021年 3月 2日 (火)

河野太郎氏の隠れた功績? 官報に起きつつある「変化」とは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「新旧だと分量が増える」の声も

   河野氏が自民党行革推進本部長を務めていた17年3月のブログでは、政府の行革事務局から新旧対照表改正に関する事務連絡が出た16年3月25日から12月31日までの間、官報に載った府省令の改正の状況を紹介した。

   そのうち、新旧対照表による改正の最も高かったのが公正取引委員会の77%で、内閣府の76%、国家公安委員会の65%、人事院の64%が続いた。ただ、総務省、法務省、外務省、文科省など、0%の省庁も多く、「新旧だと分量が増える」(総務省)といった声が出ている。

   ただ、集計の対象期間までに内部的な審査が終わっており、新旧対照表への対応が間に合わなかった改正も多数あるとみられ、0%だった省庁も

「本年度中に新旧での改正の実施を見込んでいる」(総務省)
「新旧対照表による改正を前向きに検討中」(外務省)

なと回答。今後も新旧対照表の割合は高まるとみられる。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中