2019年 10月 16日 (水)

AKBしながら気象予報士合格! 妹が見ていた武藤十夢の「勉強法」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   AKB48の武藤十夢(むとう・とむ)さん(24)が気象予報士の国家試験に合格した。CS放送「ファミリー劇場」で2019年4月7日に放送された番組「AKB48 ネ申(ねもうす)テレビ」で明らかにした。気象予報士は平均合格率5.5%の難関として知られる。現役アイドルが合格するのは異例で、AKB48グループから合格するのは初めてだ。

   武藤さんは18年の選抜総選挙では7位にランクインするなど、グループの中でも人気メンバーだ。そんな多忙の中でいかにして勉強の時間を捻出したのか。合格発表後、十夢さん本人の動画配信や、妹でAKBでも後輩にあたる小麟(おりん)さん(18)のツイートで、その一端が明らかになった。

  • 気象予報士の国家試験に合格したAKB48の武藤十夢さん (C)東北新社
    気象予報士の国家試験に合格したAKB48の武藤十夢さん (C)東北新社

「マジで『主(ぬし)』のように自習の教室にいたし」

   武藤さんは成城学園中高を経て17年には成城大を卒業し、大学院に進学。AKB48グループのメンバーとしては異例のキャリアだが、それでも合格までの道のりは長かった。14年に番組の企画の一環として挑戦を始め、通算5年、8回目の受験にして合格をつかんだ。

   武藤さんは4月9日夜に動画配信サービス「SHOWROOM」で、約50分にわたって受験生活を振り返った。1日あたりの勉強時間に関する質問には、

「仕事が不定期だからそういうのは決まってない。マジでできない日は1日全部できなかったりするし...。でも、すき間の時間を見つけてやってたりもしてて...。週4で塾の自習室にこもったりしてましたね」
「特にこの半年、最後のラストスパートは、めちゃめちゃやりましたね。ほんとに。マジで『主(ぬし)』のように自習の教室にいたし」

などと猛勉強したことを明かした。特に、12月31日、1月1日、1月2日と連続して自習室にこもって追い込みをかけたという。なお、直近の気象予報士試験は、1月27日に行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中