2019年 5月 23日 (木)

VTuber「ゲーム部」パワハラ騒動で事務所が報告 「不適切なコミュニケーションあった」...活動は継続へ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   人気バーチャルYouTuber(VTuber)ユニット「ゲーム部プロジェクト」の声優にスタッフが暴言・パワハラ行為をしていたとされる問題で、所属事務所Unlimitedは2019年4月11日、声優らとの話し合いの結果を報告した。

   「特に声優スタッフを軽視する様な言動が、声優スタッフに精神的な苦痛を与えておりました」と認めた上で、同様の問題を再発させないことなどを条件に「ゲーム部プロジェクトでの業務を継続する」ことで合意したとしている。

  • 「ゲーム部プロジェクト」のYouTubeチャンネルより
    「ゲーム部プロジェクト」のYouTubeチャンネルより

「会社全体としての体制、カルチャーに要因があると認識」

   事務所スタッフから「声優はいくらでも替えがきく」などの暴言を浴びせられたり、長時間労働を強制されたりしているとツイッターで告発するアカウントが、4月に入って複数確認されていた。いずれもゲーム部との関係は明示しておらず、ゲーム部側も声優が誰なのかを明かしていないものの、ゲーム部のキャスト声優との情報がネット上で拡散。事務所側に説明を求める声が相次いでいた。

   そうした中でUnlimitedは11日、野口圭登・代表取締役名義で公式サイトに報告文を掲載。「今回の一連の件につき、皆様にご心配とご迷惑をお掛け致しましたことを心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪し、「今回の件を受け声優スタッフと真摯に話し合いを行い、今後も活動を行っていくことについてお互いに確認できたこと、まずはご報告申し上げます」とゲーム部活動継続する運びとなったことを伝えた。

   報告によると5日、ゲーム部の声優4人から「制作スタッフによる配慮を欠いたいじめとも受け取られるコミュニケーションが度重なりあった、という指摘とともに、業務辞退の申し入れがございました」という。「特に声優スタッフを軽視する様な言動が、声優スタッフに精神的な苦痛を与えておりました」としており、

「本指摘を踏まえ声優スタッフとの話し合いと実態把握を通じて、指摘通りの不適切なコミュニケーションがあったこと、また声優スタッフの業務内容や業務量を適切に管理し、業務情報を共有する立場の人間がいなかったことで、声優スタッフへ過度な業務負担を強いる状況となっていたという問題が明らかになりました」

と事務所側に問題があったことを認めた。また、

「こうした問題が生じていたことは、個々人の問題ではなく会社全体としての体制、カルチャーに要因があると認識しており、これを是正しなければ、会社、すなわちゲーム部プロジェクトの今後の発展は決して望めないところであると反省しております」

と原因を分析している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中