2019年 12月 14日 (土)

LCC「ZIPAIR」が、スニーカーを制服にした理由 革靴・パンプスの「常識」を捨てた

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

座席「JALの1.5倍程度」の快適度は...?

   ZIPAIRは20年の夏ダイヤから成田とソウル(仁川)、バンコク(スワンナブーム)の2路線で運航を始める。JALのボーイング787-8型機2機を改修して導入し、座席数はJALの787-8の186席(ビジネスクラス30席、エコノミークラス156席)の1.5倍程度(約280席)になる見通し。現時点で787-8を導入しているLCCはジェットスター(オーストラリア)やスクート(シンガポール)が知られており、両社の座席数は335席(ビジネスクラス21席、エコノミークラス314席)。ZIPAIRがどの程度の座席数をビジネスクラスに割り当てるかによって、エコノミークラスの快適度は大きく変わってくることになる。ただ、この点については

「どういう構成にするかは、もうしばらくお待ちいただければ」(西田社長)

として、ビジネスクラスを導入するかを含めて明言を避けた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中