2019年 9月 18日 (水)

前作は興収約92億円... 12日公開「コナン」最新映画、見所は?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   人気アニメ劇場版「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」が、2019年4月12日から全国東宝系で公開される。

   同作品は劇場版「コナン」の23作目となる。

  • 劇場版「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」メインカット(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
    劇場版「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」メインカット(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • コナンがピンチ!? 何かにおびえている…(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
    コナンがピンチ!? 何かにおびえている…(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

コナンが別人に? シンガポールで起こる大事件...とは?

   今回は、19世紀末、海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大の宝石、ブルーサファイア「紺青の拳」がテーマだ。これを巡り、現地の富豪たちが回収を試み、表舞台にその姿が現れた時、シンガポール近郊で殺人事件が発生する。そして、現場にはコナンの宿敵「怪盗キッド」の血塗られた予告状が残されていた...。

   一方、主人公のコナンだが、パスポートを持っていないため、海外渡航ができずに日本でお留守番。しかし、同アニメのヒロイン毛利蘭、その親友の鈴木園子は、同地で開催される「空手トーナメント」を観戦するため、現地を訪れていた。海外渡航できないはずのコナンだったが、彼を利用しようとするキッドの「奇術的方法」により、強制的にシンガポールへと連れてこられてしまう。

   キッドに従わなければ、日本に帰国することすらできないコナン。メガネ、腕時計、服といったアイテムを奪われて変装することに。謎の人間「アーサー・ヒライ」と名乗って、事件の解決に乗り出す...というストーリーだ。

前作「ゼロの執行人」は興収91億8000万円を記録

   同映画を配給する東宝宣伝部によると、

「作品は、原作コミックスの全世界累計発行2憶3000万部を突破しました。昨年4月に公開された第22弾『ゼロの執行人』は、シリーズ最高興行収入91億8000万円を記録いたしました。本作は、劇場版史上初となる海外、シンガポールが舞台です」

と話す。

   加えて、

「本作は、杯戸高校空手部主将にして、400戦無敗の空手家・京極真の『劇場版初出演』としても、話題を呼んでいます」

   コナン、キッド、京極真、蘭や園子が、シンガポールを舞台に、殺人事件とその謎に挑むという内容に仕上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中