2019年 4月 18日 (木)

「女子力」「インスタ映え」でブームの兆し? 「トイレットペーパーをリボン結び」する人々に「やめて!」の大合唱

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   公衆トイレに入ったところ、トイレットペーパーがリボン結びしてあった――。これは非常識ではないかと、ツイッター上で問題提起され、論議になっている。

   どこかの店内の女子トイレともみられる場所では、2つあるペーパーホルダーのうち1つで、ペーパーの先にリボン結びがされている。

  • トイレットぺーパーにされたリボン結び(写真は、凌選手@m_om_oiさん提供)
    トイレットぺーパーにされたリボン結び(写真は、凌選手@m_om_oiさん提供)

TikTokがきっかけで人気に?

   このトイレに入ったという「凌」さん(@m_om_oi)は2019年4月16日、リボン結びの写真をツイッター上にアップし、「絶対にやめて欲しい...」と訴えた。「用を足した後、洗っていない手でわざわざ無駄にペーパー出してこれをやることに非常識さしか感じなかった」からだ。

   まさかと思って「凌」さんがネット検索すると、「トイレで女子力発揮!」などとするサイト記事がいくつも見つかった。

   実際、検索結果をみると、「次の人のためにもなります」「使う方みんなが心癒される」などとして、リボン結びのやり方が各サイトで紹介されている。「インスタ映え」をうたったサイトもあり、リボン結びのほかにも、ハートやバラ、中にはネクタイの形に結んだ写真もアップされていた。

   インスタグラムやツイッターでは、リボン結びについて、自らやった、トイレで見た、といった投稿が次々にされており、一部で流行っているようだ。

   きっかけは、スマホの短編動画アプリ「TikTok」にリボン結びの作り方を示した動画が投稿されたことだともされる。この動画は、若い人たちを中心に2000件以上もコメントが寄せられており、「友達来る日にこれやったw」「学校でやろー」などと書き込まれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中