2019年 6月 26日 (水)

キンプリに天然ガス登場→世界のトレンド入り→そのころ、米国の先物相場は... アニメ起点に思わぬ波及

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   連休最終日の深夜、ツイッターがガス田になった。2019年5月7日未明から午前中にかけて、「天然ガス」が多くつぶやかれ、日本のみならず世界全体で「トレンド」に入ったのだ。

   どこかの国でシェールガスの採掘に成功したのか......と思うかもしれないが、原因はアニメにあったようだ。

  • ツイッターがガス田になった(画像はイメージ)
    ツイッターがガス田になった(画像はイメージ)

「天然ガスが出たぁ!」

   トレンド入りのきっかけになったのは、「キンプリ」の愛称で知られるテレビアニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-(キング・オブ・プリズム シャイニーセブンスターズ)」。子供向けアーケードゲーム「プリティーリズム」と、それをベースにしたアニメから、さらに派生した作品だ。

   ダンスや歌唱を組み合わせた「プリズムショー」と、そのパフォーマーである「プリズムスター」を目指す少年たちを描いた本作は、人気男性声優を多数起用していることでも知られる。2019年5月7日放送の第4話は、財閥の御曹司であるキャラクター、十王院カケル(声:八代拓さん)がメイン。文字にするとわかりにくいが、こんなあらすじだ。

   高校生ながら会社役員のカケルは、世襲反対派の策略により、不採算子会社の社長としてマダガスカルへの出向を命じられる。そこでは天然ガスの採掘事業が行われていたが、まったく先行きが見えなかった。そんなある時、なりゆきで現地スタッフに「プリズムショー」を見せることに。パフォーマンスが佳境に差し掛かると、突如として採掘施設に火柱が。「天然ガスが出たぁ!」と喜ぶスタッフに見送られ、カケルは日本へ帰るのだった――。

   この作品は、テレビ放送に先がけて、映画館で「劇場編集版」として上映されている。そのため事前に内容を把握していたファンも多く、1時35分(テレビ東京・テレビ愛知)の放送開始前から、「天然ガス」に言及するツイートが続出。0時台からトレンドに入り、タイミングに合わせて「出たぁ!」と実況するもユーザーもいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中