2019年 10月 18日 (金)

安倍首相「誤読疑惑」動画が波紋 「官邸サイトから削除」説を追う

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2019年4月30日に行われた「退位礼正殿(せいでん)の儀」で安倍晋三首相が述べた「国民代表の辞」をめぐり、ネット上で騒ぎが広がっている。ひとつが、安倍氏による「誤読」疑惑。これに加えて首相官邸のウェブサイトから「映像削除」されたという説がネットで流布され、批判が加速することになった。

   ただ、官邸ウェブサイトを運営する内閣広報室は、動画の削除を否定。5月8日夕時点で動画は見られる状態だ。

  • 官邸ウェブサイトには「退位礼正殿(せいでん)の儀」の動画が埋め込まれている
    官邸ウェブサイトには「退位礼正殿(せいでん)の儀」の動画が埋め込まれている

「願ってやみません」「願ってやません」「願っていません」?

   「退位礼正殿の儀」は報道各社が生中継したのに加えて、官邸もユーチューブのチャンネルで生配信した。その動画などを確認すると、安倍氏が

「天皇皇后両陛下には、末永くお健やかにあられますことを、願って...。あらせられますことを...」

などと述べている。問題となっているのがその続きだ。安倍氏の滑舌の問題もあってか、「願ってやみません」「願ってやません」「願っていません」など、その「聞こえ方」には様々な意見がある。記者があらためて確認しても、はっきりとは聞き取りにくい。

   とりわけ注目されているのが「願っていません」だった場合だ。文脈からすれば、安倍氏が意図して「願っていません」と発言するとは考えにくく、「已(や)みません」を正しく読めず、「已(い)ません」と勘違いしたのか、という説も広がった。「已」の字は「已然(いぜん)形」などとして使われる。これに加えて、官邸ウェブサイトから動画が削除されたとの説も流れ、安倍氏への批判が加速した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中