2020年 1月 23日 (木)

連休明けに「わたし、定時」見て絶望 この「脱力」状態を脱するには?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   女優の吉高由里子さん(30)が主演するドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)の第4回が、2019年5月7日に放送された。

   同ドラマは朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの同名小説が原作。吉高さんが演じるのは定時に帰ることをモットーとする32歳独身のWebディレクター・東山結衣。第4回では、ダラダラと仕事を続け、時に会社に泊まり込むなど非効率的な作業を続ける吾妻(柄本時生さん)に対し、周囲が注意を行い一旦は改善するも、再び残業漬けの生活に戻ってしまう様子などが描かれたが、これを見た視聴者から、大きく分けて2種類の反応が上がっている。

  • 吉高由里子さん(2012年撮影)
    吉高由里子さん(2012年撮影)

ネット上にこだまする「絶望」と「共感」

   まず目に付くのは、「連休明けにわたし、定時で帰ります。が放映されるという皮肉」と、6日まで続いた10連休が終わり、仕事がある生活に戻って脱力したとする人たちのツイートだ。また、「わたし定時で帰ります、連休明けにみてよいものだったのか...」などがという声もあり、ただえさえ脱力している上に同ドラマを見てしまったことで「絶望」してしまったとする声も多い。

   また、作中の柄本さんのように、ついつい作業効率が落ちてしまい、ズルズルと残業という泥沼にはまってしまうことは多いとする声も続々。「吾妻の気持ちも凄い分かるよ。家帰ってもつまんないよな」「何にもないから仕事してる方がマシって思うもんな...」など、仕事を定時に終えようという強い動機がないがゆえに、どうしても仕事が後ろ倒しになっていく心境になってしまうと明かすツイートも多い。

   そこで、J-CASTニュース編集部は経営コンサルタントで心理学博士の鈴木丈織氏に取材を実施。ネット上に上がっている2つの大きな悩みを解決する方法を聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中