2019年 6月 24日 (月)

大津事故会見、「園長への質問」は適切だったのか メディア有識者に聞く

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   滋賀県大津市で起きた、保育園児の列に車が突っ込み、子ども2人が亡くなった事故。園児らが通う「レイモンド淡海保育園」の園長らが開いた会見をめぐり、ネット上では議論がさまざまな意見が噴出している。

   なかでも、記者側の姿勢を疑問視する声が相次いだ。J-CASTニュースではメディアの有識者に、記者会見をどう受け止めたのか聞いてみた。

  • 写真:SportsPressJP/アフロ
    写真:SportsPressJP/アフロ

憔悴した園長先生に...

   事故が起きたのは、2019年5月8日午前中。交差点で右折しようとした乗用車と直進してきた軽乗用車が衝突し、そのはずみで軽乗用車が歩道にいた保育園児の列に突っ込んだ。

   保育園側は当日18時から会見を開き、テレビやネットで中継された。声を詰まらせながら泣き崩れ、憔悴しきっている園長に対し、安全責任を追及するような質問や、出発前の園児の様子などを聞こうとする記者の姿勢について、ネット上では「何の意味がある」「保育園側には何も落ち度はない」「無意味な質問」など、異議を唱える発言が数多く出た。

   記者からの質問は適切だったのか。そもそも、会見を開く必要はあったのか。今回の事故取材に関わったある報道関係者は、「会見は開く必要があったのかといえば、私見では必要あると思う」と理解を示す。「散歩コースは毎日するのかとか、散歩について聞くことは山ほどある。それを聞くことで保育園の管理体制がわかる。逆にみんな保育園は問題なかったと言っているけど、会見を聞いたから問題なかったと言っている」としていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中