2019年 6月 25日 (火)

底辺の人間「嫌という程見た」 ホリエモン「刑務所トーク」に反響

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

ゴーン被告変装への違和感にも「捕まったこともないのに適当に言うな」

   堀江氏はツイッターやテレビ番組で発言する際、自らの経験を踏まえて意見を述べることが度々ある。19年3月10日放送の情報バラエティー番組「サンデー・ジャポン」(TBS)では、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が1回目の保釈時に変装していたことについて、「あの変装、最初見たときふざけてるのかと思いました」「自分の無罪に自信があったら...」と違和感を語るSKE48の須田亜香里さん(27)の言葉を遮り、「捕まったこともないのに適当に言うな」などと述べたこともある。

   その後も、自身の勾留経験と照らし合わせてゴーン氏の心情を慮る一面を見せた。ツイッターでは「偉そうに言うな」などと批判があがる一方、「保釈話めっちゃリアルで面白い」「今まで一方的に進められてきたこの問題が漸く両者の意見が聞ける状態になった」と反響を呼んだ。拘置所や刑務所で過ごした経験のある堀江氏だからこそ、応えられる視聴者のニーズがあるのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中