2021年 1月 16日 (土)

ラミレス采配、相次いで裏目に 右腕不在で「空中分解」危ぶむ声も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「マイ・ベストコーチ」の退団の影響は...

   在京の球団関係者は、ラミレス監督の采配に関して、DeNAの前バッテリーコーチである光山英和氏(53)が抜けたことが大きく影響していると指摘する。光山氏は昨シーズンまでラミレス監督の右腕として手腕を振るってきた。ラミレス監督は「マイ・ベストコーチ」と全幅の信頼を寄せていたが、昨オフにDeNAを退団して楽天のコーチに就任した。

   光山氏は現役時代、捕手として活躍し、近鉄では野茂英雄氏とバッテリーを組んでいた実力者。DeNAでは、投手や捕手と監督のパイプ役としてチームに貢献し、選手からの信頼も絶大だったという。

   前出の関係者は「光山さんが退団した時に、バッテリーに関してシーズン中に問題が起こるだろうと、ある程度予想していましたが、実際、ラミレス監督の迷走ぶりは想像を超えています。ラミレス監督はデータを重視する配球で一時期、評価を受けていましたが、それも光山さんの助言があってのもの。選手のラミレス監督への不信感も光山さんがなだめていたと聞いています。光山さんは監督にしっかりものを言う人でしたし、選手からの信頼も厚い。今のコーチ陣の中に光山さんの代わりになる人物がいるかといえば疑問です。このままだとチームが空中分解しかねません」と厳しい口調で指摘する。

   自身が抜擢しながら早期交代、2軍降格の非情采配を見せるラミレス監督。5月に入ってもチーム状態は上向くことはなく、借金は膨らむ一方だ。シーズン序盤とはいえ、早くもペナントの4分の1は消化している。勝率は12球団唯一の3割台。ラミレス監督は泥沼からいつ抜け出せるのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中