2020年 10月 31日 (土)

逮捕の田口淳之介、「笑顔」の心理とは? 以前から「逮捕想定」の可能性

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

田口容疑者の供述に見える意外な内心

   また、これら、用意周到さも疑わせる2人の反応は、これまでの芸能界の薬物事件とは一線を画すものだという。

「コカインで逮捕されたピエール瀧被告に関しては、2人よりは動揺が見られます。護送時に目を閉じており、防衛反応が出ていたと言えます。恐らく、目を閉じつつ取り調べ時などに思いを致していたのでしょう。また、2009年に覚醒剤で逮捕された酒井法子さんですが、逮捕時の車の中でうつむいてはいましたが、酒井さんが逮捕前に逃亡していたことを考えると、防衛反応というよりは『反省したかのように見せるための振る舞い』だったと考える方が自然です」

   また、田口容疑者と小嶺容疑者で供述が割れている点についても、意外な可能性を指摘する。

「田口容疑者が大麻を『2人のもの』と供述する一方で、小嶺容疑者は『私のもの』と供述しており、これだけを見ると『田口には小嶺をかばうつもりはないが、小嶺は田口をかばおうとしている』ように見え、田口容疑者には小嶺容疑者への思いがないように見えますが、それは違います。田口容疑者の供述は、『犯罪を犯したという事実を小嶺と共有し、小嶺をつなぎとめておきたい』という気持ちの表われと推測されます」

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中