2021年 4月 11日 (日)

巨人投手、次の1軍昇格は鍬原? 田中幸雄氏「ボールの質が高く、制球も良かった」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

打者の注目株は育成1位の山下

「マシソン投手のピッチングは素晴らしかったですね。ストレートが150キロは出ていたと思います。変化球にもキレを感じました。2軍の選手が相手とはいえ、きっちりと抑えていましたし、さすがのピッチングでした。1軍のマウンドもそう遠くはないと思います」

   一方、田中氏は打者についても言及。2018年育成1位・山下航汰選手(18)に光るものを感じたという。山下は高卒ルーキーの左打者で、5月23日現在、イースタンリーグで打率3割をキープしている。

「山下選手はボールをバットに当てる技術が高い。ピッチャーの球に対する対応力が優れている。高卒ルーキーで、まだ体が出来上がっていませんので、今は中距離バッターという印象ですが、今後、ウエイトトレーニングなどで体を作っていけば長距離バッターに成長する可能性があると思います。体幹がしっかりしていますし、体がブレない。将来的に非常に楽しみな選手ですね」(田中氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中