2019年 10月 16日 (水)

未発売商品がAmazonレビュー高評価 競合企業「闇の深さに涙が止まりません」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「闇の深さに涙が止まりません」――。ネット通販大手「アマゾン」の商品レビューをめぐり、出品企業が胸を痛めている。

   同社の競合商品のレビューに不可解な現象が起きており、「その感想は明らかにおかしい」と指摘が寄せられている。

  • Amazonトップページ
    Amazonトップページ
  • 出品中の液晶フィルム
    出品中の液晶フィルム

ステマレビュー?の数々

   スマートフォン関連の商品などを販売する「ミヤビックス」(京都市下京区)の公式ツイッターは2019年5月23日、「AmazonでXperia 1のフィルム検索してたらあるガラスフィルムがすごい星の数なんですけど、まだ売ってないXperia 1に貼った感想がいっぱい書かれてて、闇の深さに涙が止まりません」と投稿した。

   「Xperia 1」はソニーモバイルコミュニケーションズのスマホで、19年6月中旬以降の発売を予定する。ミヤビックスは同スマホの液晶フィルムを販売する。

   しかし、アマゾンで販売する他社製液晶フィルムには、すでに好意的なレビューが多数書き込まれているという。実際、J-CASTニュース編集部で確認すると、複数の商品ページで同様の現象が見つかった。

   アマゾンのレビューをめぐっては、報酬を得て商品を賞賛する内容を書き込む「ステルスマーケティング」が問題視されている。日本経済新聞電子版の19年4月23日付記事「『五つ星』つければ商品タダ 偽レビューの募集横行」によれば、

「日本でもフェイスブック上で電化製品から衣類、日用品と手広く偽レビューが募られている。案件を提示するのは広州市や深圳市などの中国在住者が目立ち、企業から相応の手数料を受け取っているとみられる」

という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中