2019年 7月 18日 (木)

スマホのカメラが壊れた! 写真が撮れない、PayPayも払えない...記者困惑の1か月

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   スマートフォンのカメラ機能は、もはや日常に溶け込んでいる。筆者は1か月ほど前、愛用するiPhone7のカメラが故障して、生活にちょっとした変化が起きた。

   最初は、写真に白いモヤがかかったことだった。レンズを見てみると、一部が欠けていた。おそらくコンクリートの路上に落として割れてしまったんだろう。とはいっても、なにが写っているかはわかるレベルなので、それから1週間ほどは変わらず使い続けていた。しかし、その後――。

  • レンズが完全に割れている
    レンズが完全に割れている
  • 写真を撮ろうにも「漆黒の闇」が
    写真を撮ろうにも「漆黒の闇」が

映るのは「漆黒の闇」のみ

   白いモヤに続いて、異変が起きたのは2019年4月末。ゴールデンウィーク直前だった。暗がりでライトを使おうと思っても、点灯しないのだ。これまでレンズだけだった異常が、センサー全体に広がりつつあるのかと思った直後、インカメラともども使用不能になってしまった。カメラアプリを立ち上げても、そこには漆黒の闇しかない。

   記者の「職業病」だろうか、街中で面白そうな光景を見かけると、すぐに画像に残したくなる性分だ。普段からコンパクトデジカメを持ち歩いているが、あえてカバンを開けて取り出すのは面倒だ。そんな時にスマホは重宝するのだが、故障していると「撮らなくてもいいか」となる。おのずと写真の撮影枚数は減っていく。

   アプリを試せないのも、日々トレンドを追う者としてはツラい。先日、写真共有アプリのSnapchat(スナップチャット)に「異性化」「幼児化」できるフィルターが追加された。ふだんは自撮りしないアラサー男子だけど、これは試してみたい――と思っても、その願いはかなわなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中