2019年 12月 15日 (日)

ソニーとMSがタッグ ゲーム業界を変える「クラウド化」の波

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

気になるのは「任天堂の遅れ」

   両社の提携は「ゲームやコンテンツのストリーミングサービスでの用途を目的とした、将来のクラウドソリューション」の共同開発を検討する、ともしており、その対象はゲームに限らずエンターテインメント全体になっている。また、ハードである半導体についても、新しいイメージセンサーの共同開発の可能性を探るとしており、両社の提携はさまざまな方面に広がる可能性を秘めている。

   そうなると「3強」の中で任天堂の遅れが目立つ。2017年に発売したゲーム専用機「ニンテンドースイッチ」が好調で業績はV字回復を達成したが、クラウド型ゲームへの取り組みは始まったばかり。ゲーム専用機関連の売り上げの数%に満たない規模だ。ゲームのクラウド化へ向けて各社が動きを本格化する中で、開発においては自前主義が強いとされる任天堂がどう出るか。次の一手が注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中