2020年 9月 20日 (日)

リーグワーストまで、あと「2」 14連敗ヤクルト、記録更新なら小川監督の進退も...

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   ヤクルトの「投壊」が止まらない。ヤクルトは2019年5月30日、神宮で広島と対戦し0-13の大差完封負けを喫した。

   先発・小川泰弘投手(29)が5回途中9安打7失点で降板。中継ぎ陣も踏ん張れずに6点を失い、計16安打13失点の大敗を喫した。打撃陣は20歳の広島先発・山口翔投手に6回までノーヒットに抑え込まれ、計2安打の完封負け。これで14連敗となったチームの借金は「9」に膨れ上がり、最下位に転落した。

  • ヤクルトの本拠地・神宮球場
    ヤクルトの本拠地・神宮球場
  • ヤクルトの本拠地・神宮球場

ここ6試合で失点「52」、防御率は4.71に

   初回、小川が3点を失うと、早くも神宮に暗雲が立ち込めてきた。毎回のようにランナーを背負う投球が続く小川。4回には野間峻祥外野手(26)、菊池涼介内野手(29)に連続安打を許し1点を失った。5回は先頭の鈴木誠也外野手(24)に四球を与え、1死1、3塁の場面で田中広輔内野手(29)にライト前に運ばれ1失点。1死1、3塁のピンチの場面で2番手・久保拓眞投手(22)にマウンドを譲ったが、久保は後続を抑えきることが出来ず、5回までに7点を失った。

   「惨劇」はこれで終わらなかった。6回からマウンドに上がった3番手・風張蓮投手(26)は2回4安打4失点。風張は2イニングで51球を強いられ、9回には4番手・山中浩史投手(33)が2点を失った。ここ6試合での失点は「52」で、チーム防御率はリーグワーストの4.71にまで落ち込んだ。

   悪夢の14連敗。1シーズンで96敗を喫した2017年以来となる屈辱だ。その2年前はシーズン中に故障者が続出し、明らかに戦力が不足しての戦いだった。選手会長でチームリーダーの川端慎吾内野手(31)が、キャンプ中に椎間板ヘルニアを発症。1軍出場なしに終わり、主砲ウラディミール・バレンティン外野手(34)やエース小川の故障もあった。「ヤ戦病院」と揶揄されるほど故障者が相次ぎ、チーム低迷の大きな要因となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中