2020年 9月 27日 (日)

カネカ「対応に問題は無い」 育休対応問題で声明文公開

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   化学メーカー「カネカ」は2019年6月6日、自社の公式サイトに、「当社元社員ご家族によるSNSへの書き込みについて」と題した声明文を公開した。

   ネット上では6月1日から、カネカの元社員の家族だとみられるツイッターユーザーの投稿が話題に。夫が育休取得直後に関西転勤の内示を受けたことなどが明かされ、会社の対応をめぐって議論が巻き起こっていた。

  • カネカが出した声明文(同社の公式サイトより)
    カネカが出した声明文(同社の公式サイトより)
  • カネカが出した声明文(同社の公式サイトより)

弁護士をまじえて調査

   発端は、6月1日にされた投稿。ツイッターユーザーは、「日系一部上場企業」の夫が、育休明け2日後で関西に転勤内示があったなどと報告。有給も取れず、夫は退職し専業主夫になったと伝えていた。投稿では「カネカ」と明示されていなかったものの、一連の投稿の中で「#カガクでネガイをカナエル会社」と同社のキャッチフレーズを示すハッシュタグが付けられていたことから、ネット上ではカネカの対応をめぐって議論が起こっていた。

   また、一連の発言に関連して、ネット上では同社公式サイトのワークライフバランスについて説明したページが「削除された」との指摘が上がっていた。カネカは3日、「6月2日のシステム障害について」と題した声明文を公表し、「アクセスの集中により一時的に当社HPに繋がりにくい状態が発生しておりましたが、現在は、能力増強など実施し、安定に運用に努めております」と説明。ワークライフバランスの項目については、「HPを削除しておりません。2月にHPをリニューアルし、内容を再編いたしました。ワークライフバランスについては、採用情報『多様性の推進に向けて』の中で引き続きご説明しております。内容は、ライフイベントとキャリアの両立支援についてまとめております」としていた。

   6日にカネカ側は、新たに文章を発表。発端となったSNSへの書き込みについて、「6月2日に弁護士を含めた調査委員会を立ち上げて調査して参りました。6月3日には社員に向けて、社長からのメッセージを発信致しました。更に、6月5日に、社内監査役及び社外監査役が調査委員会からの報告を受け、事実関係の再調査を行い、当社の対応に問題は無いことを確認致しました」と主張。続けて、「元社員のご家族は、転勤の内示が育児休業休職(以下、育休とします)取得に対する見せしめである、とされていますが、転勤の内示は、育休に対する見せしめではありません」と訴え、「元社員から5月7日に、退職日を5月31日とする退職願が提出され、そのとおり退職されております。当社が退職を強制したり、退職日を指定したという事実は一切ございません」と重ねて主張していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中