2019年 6月 16日 (日)

日産の「アイガモロボ」がカワイイ 自動運転技術で稲作サポート

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

一般販売の予定は?

   アイガモロボは、日産が推進してきた自動運転技術が応用されている。

   田んぼに設置したWi-Fiとアイガモロボに搭載するGPS(全地球測位システム)を使い、田んぼを一巡できるようプログラミングされている。

   広報は、苦労した点に「きちんと進まなかったり、稲にひっかかったりしたこと」を挙げる。見た目については「皆から愛されるデザインにした」。

   日産で事業化は予定しておらず、製品化したい企業には技術協力するとした。

(J-CASTニュース編集部 谷本陵)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中