2019年 11月 20日 (水)

広島連敗止めるも「鷹アレルギー」健在 脳裏をよぎる「日本シリーズの悪夢」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   広島がソフトバンクとのセ・パ首位対決を1勝2敗と負け越した。2連敗で迎えた第3戦は2019年6月9日、マツダスタジアムで行われ、広島が3-2でソフトバンクを破った。ソフトバンク打線に10安打を許しながらも救援陣の踏ん張りで2点に抑え込み、昨季の日本シリーズから続く対ソフトバンク戦の連敗を「6」でストップ。セ・リーグ首位の意地を見せて一矢報いた。

   今年も広島の鷹アレルギーは「完治」していなかった。カード初戦の先発は、今やエース大瀬良大地投手(27)と並び、先発ローテの柱として期待される床田寛樹投手(24)。防御率2.77左腕が、責任イニングの6回もたずに5回3分の1、6安打4失点で降板。打線はソフトバンク先発・千賀滉大投手(26)の前に7回まで3安打と封じ込まれた。8回に3点を返し1点差としたものの、直後の9回に2点を失い試合が決した。

   第2戦目は、先発4連勝中と波に乗るクリス・ジョンソン投手(34)がマウンドに。2回と4回にそれぞれ得点を許すも、打撃陣が奮起し、4回には同点に追いついた。だが、その直後の5回、内川聖一内野手(36)の勝ち越しタイムリー2塁打などで2点を失い、ジョンソンは5回8安打4失点で降板。打線は5回以降わずか2安打と振るわず、2-4で敗れた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

今年も九里が鷹キラーぶり発揮

   3タテだけは食い止めたい広島は、第3戦目のマウンドに九里亜蓮投手(27)を送り込んだ。昨シーズン、交流戦のソフトバンク戦で同じく2連敗後の3戦目の先発を託され、見事プロ初完投で連敗を阻止。今年もまた九里が連敗を止め、鷹キラーぶりを発揮し、昨シーズンから続いていた悪い流れを断ち切った。

   連敗がストップしたとはいえ、内容は手放しで喜べるものではなかった。6回、7回、8回と、毎回のようにランナーを出し、7回には1死満塁の一打逆転のピンチに。この場面は一岡竜司投手(28)が気迫の投球で内川を併殺に打ち取ったが、ソフトバンクの強力打線に最後まで肝を冷やす展開が続いた。

   昨シーズンの日本シリーズから続いた6連敗のうち、5試合でソフトバンクに先制されて逃げ切られている。広島のお家芸ともいえる逆転劇はソフトバンク戦では影を潜め、ようやく9日のゲームで逆転劇を見ることが出来た。第3戦目に一矢報いたとはいえ、広島の8安打に対して、広島投手陣が許した安打は「10」。初戦は9安打、第2戦目は10安打を許し、広島投手陣は打ち込まれている。

   今シーズン、広島は球団史上初となる開幕から5カード連続の負け越しを喫する最悪のスタートを切るも、5月の11連勝で大きく息を吹き返した。5月に入ってからは投手陣が安定し、チーム防御率3.13はリーグトップで、228失点はリーグ最少だ。チーム成績も「定位置」の首位に返り咲き、着々とリーグV4への土台作りを行っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中