2019年 6月 16日 (日)

「文春砲」に真っ向反論 AKB矢作萌夏、スキャンダルに「事実とは全く違います」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   自らに関するスキャンダル報道を「黙殺」するアイドルが多数派を占めるなか、AKB48のメンバーが「文春砲」に真っ向から反論する異例の展開だ。渦中にあるのは、矢作萌夏(やはぎ・もえか)さん(16)。AKB48メンバーとしてのキャリアは約1年半に過ぎないが、2019年1月にはソロコンサートを行い、7月にはファースト写真集の発売も決まっている、グループ有数の成長株だ。

   その矢作さんが、高校の同級生と交際しているとする「週刊文春デジタル」の報道について「事実とは全く違います」と訴え、ネット上に流布される写真も「デマや捏造」だと主張している。

  • AKB48の矢作萌夏さん(2019年1月撮影)
    AKB48の矢作萌夏さん(2019年1月撮影)

ため口で会話する指原さんは「すちはらさん」

   矢作さんは16年に行われたAKB48の16期生オーディションに落選したものの、18年に行われた3回目の「ドラフト会議」でAKB48に加入。1巡目で3チームから指名を受け、HKT48に入った渡部愛加里さん(14)と並ぶ人気だった。19年3月発売の楽曲「ジワるDAYS」で選抜メンバー入りし、6月5日発売の漫画雑誌「週刊少年サンデー」(小学館)、6月8日発売の「ボム」(学研プラス)では表紙を飾るなど、若手メンバーでは異例の注目メンバーだ。

   ファンの間では、「好き」を「すち」と言い換える独特の言葉遣いが人気だ。「大好き」を「大すち」、といった具合だ。「すち」は、お気に入りの人物に言及する際も用いられ、指原莉乃さん(26)は「すちはらさん」。指原さんと「ため口」で会話するなど、年長メンバーと独自の距離の詰め方をすることも知られている。

   姉の矢作有紀奈さん(24)は、16年から18年にかけてSKE48に所属していたことが知られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中