2019年 6月 19日 (水)

鍼灸師「痴漢に安全ピン止めて」と呼びかけ バッシング相次ぎ警察に相談

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   福岡市内の40代の鍼灸師男性が「感染症の恐れがあるため、痴漢に安全ピンを刺すのは止めて」とツイッターで呼びかけたところ、異論が相次いで誹謗・中傷も寄せられる騒ぎになっている。

   鍼灸師は、ツイッターで反論したうえ、福岡県警に中傷被害の相談をしたことを明らかにした。

  • 安全ピン論争がさらに拡大して(写真はイメージ)
    安全ピン論争がさらに拡大して(写真はイメージ)

「痴漢やったな?」「性犯罪者」と根拠ない罵倒

   痴漢撃退に安全ピンを使うことは2019年5月中旬にツイッターで紹介され、論議になった。

   その後、「黄色い安全ピン」を痴漢撲滅の意思表示として服などに着けることがツイッター上で提唱され、5月29日には、安全ピンを大量に配るとするツイートが話題になった。これに対し、鍼灸師が翌30日にツイッターで次のように疑問を呈したことで、バッシングが一部から巻き起こった。

「どんな菌がついてるかも判らない針を他人のからだに注すことを推奨するような行為はお止めください。もし、貴方の配布した針を使い、冤罪の方に感染症が発症した場合、責任を取れますか? 冤罪でなくても同じですが。痴漢を防ぐなら針刺以外の方法を模索される方が良いと思います」

   この発言について、「痴漢したやつが悪いだろって」「結局他人事。被害者にケチ付けてるだけ」「痴漢擁護してんの?」などと、安全ピンを支持する人らから疑問や批判が次々に上がった。中には、鍼灸師自身に対して「痴漢やったことあるな?」などと、根拠のない憶測を流すケースも一部であった。

   さらに、鍼灸師が以前経営していた鍼灸院でセクハラのようなことがあったと根拠のないツイートをする人も現れ、鍼灸師について、あるツイッターアカウントは、「性犯罪者」などと罵倒する発言を繰り返した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中