2019年 10月 24日 (木)

北神急行「公営化」でこう変わる 異例施策の背景と影響

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   神戸市を走る北神急行が、「市営化」に向けた準備を進めている。神戸市と北神急行電鉄の親会社にあたる阪急阪神ホールディングス傘下の阪急電鉄では、遅くとも2020年10月までの実現を目指す。

   民営化の流れが進む鉄道業界にあって、異例とも言える北神急行の公営化。公営化の背景と影響を探ってみた。

  • 北神急行など、神戸周辺の路線図(筆者作成)
    北神急行など、神戸周辺の路線図(筆者作成)

公営化の背景にある「高すぎる運賃」

   北神急行は神戸市中央区の新神戸駅と同市北区の谷上駅の約7.5キロを結ぶ。1988年の開業当初から神戸市営地下鉄西神・山手線(新神戸駅~西神中央駅)と相互直通運転を実施。神戸市の中心地にあたる三宮駅~谷上駅間を11分で結ぶ。神戸市バスだと地下鉄三宮駅前~谷上駅の隣駅にあたる箕谷駅前まで約20分を要する。そのため、速達性で勝る北神急行への期待度は高かった。

   しかし、開業当初から利用者は低迷し、同社の長期負債は400億円以上に及ぶ。利用客低迷の要因は700億円超の建設費を受けて設定された高額な運賃だ。1999年度に兵庫県と神戸市からの補助金により値下げされたが、新神戸駅~谷上駅間の運賃は1駅なのに360円、三宮駅~谷上駅間は540円にもなる。参考までに阪急電鉄の神戸三宮駅~梅田駅間の運賃は320円だ。

   市は公営化に伴う一体運用により、三宮駅~谷上駅間の運賃は280円程度に引き下げるという。運賃の引き下げにより、1日あたり6000人の乗客増を見込んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中