2019年 7月 18日 (木)

若林晃弘が一歩リード? 巨人セカンドのレギュラー争いは...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   巨人は2019年6月16日、札幌ドームで日ハムと対戦し、7-3で勝利した。巨人はエース菅野智之投手(29)が先発し、初回に4連続安打で3点を失ったが、その後、持ち直して7回を投げ切った。打線は2回に一挙5点の大量得点でエースを援護。4回、5回とそれぞれ1点を追加し、スコット・マシソン投手(35)、中川皓太投手(25)の投手リレーで逃げ切った。チームは交流戦8勝4敗で交流戦2位、リーグでも2位につけ首位・広島に0.5ゲーム差の展開となった。

   エースの失点は打線がカバーする。2回、巨人の強力打線が爆発した。この回先頭の岡本和真内野手(22)がレフト前ヒットで出塁すると、大城卓三内野手(26)がライト前ヒットで続いた。若林晃弘内野手(25)が四球を選び1死満塁とし、重信慎之介外野手(26)の犠牲フライでまずは1点。その後、3連続ヒットが飛び出し、大量5点のビッグイニングとなった。

菅野は2回以降「ほぼ完ぺきな投球だったと思います」

   6月9日のロッテ戦から中6日で臨んだ菅野は、初回にまさかの4連続安打を浴び、不安を感じさせる立ち上がりだった。菅野の初回の投球に関して、一昨年まで日ハムの2軍監督を務めた野球解説者の田中幸雄氏(51)は「初回はコントロールが定まっていないように感じました」とした上で、次のように語った。

「ヒットを許した球は甘めの球でしたが、大田(泰示)選手に対する球はアウトコースの難しい球でした。あれは打った大田選手がうまかったといえるでしょう。大田選手は腕が長いのであの球をはじき返すことができました。初回に3点を失ったとはいえ、その後の菅野投手の投球はさすがでした。2回以降スライダーとフォークをうまく使い、ほぼ完ぺきな投球だったと思います」

   巨人の野手で田中氏が高く評価するのは、売り出し中の若林だ。今年2年目の若林は、6月6日の楽天戦で今シーズン初スタメンを果たし、2安打を放ちプロ初打点をマーク。今シーズンはここまで14試合に出場し打率.424を誇り、出塁率は.487で8打点を挙げている。16日まで10試合連続でスタメン出場し、首脳陣の期待に応えている。

「レギュラーを獲得する可能性は十分にあると思います」

   田中氏は若林の打撃について「体幹がしっかりとしていて体勢が崩れない。ボールをよく見ているし、選球眼がいいと感じます。一打席目のワンボールツーストライクからのフォークですが、体勢を崩さずに見送りました。ボールがよく見えていると思いました。今は体の状態が良いのでしょう。状態の良さが打撃の好調さに見て取れます」と指摘した。

   打撃では絶好調の若林だが、セカンドの守備での課題が見え始めている。15日の日ハム戦では7回と8回に失策を重ね、原辰徳監督(60)から「少し守備の方もしっかりね」との苦言も。田中氏は若林の守備について次のように言及した。

「まだ少し緊張しているところがあるのかもしれません。打球に対する入り方、対応がまだうまく出来ていないように思います。守備に関していえば、まだあまりボールがよく見えていないようにも感じます。ただ、これは経験を積んでいけば対応力も身についてきますので、それほど心配することはないと思います。若林選手は足も速く、バッティングが非常にいい。このまま成長すればセカンドのレギュラーを獲得する可能性は十分にあると思います。若く、勢いのある選手が出て来たなという印象で、期待したい選手です」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中