2019年 11月 23日 (土)

中日応援歌「サウスポー」が自粛に どこが「不適切なフレーズ」なのか、球団に聞くと...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球・中日ドラゴンズの応援歌に「不適切なフレーズ」があるとして、応援団が使用を自粛することがわかった。

   ファンからは「どこがダメなんだ?」「応援する気失せる」とショックが広がっている。

  • 応援団の公式ツイッターより
    応援団の公式ツイッターより

協議した結果...

   ドラゴンズの私設応援団の公式ツイッターが2019年7月1日、「当団体で使用している『サウスポー』について、チームより不適切なフレーズがあるというご指摘を受けました。この件について球団と協議した結果、当面の間『サウスポー』の使用は自粛させて頂くこととなりました」と発表した。

   サウスポーは、チームが好機の際に歌われるチャンステーマで、応援団が設立された2014年から使われている。原曲はピンク・レディーのものだが、歌詞は以下のように変えて歌われている。

オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!
(レッツゴー<選手名>、レッツゴー<選手名>)
みなぎる闘志を奮い立て お前が打たなきゃ誰が打つ
今、勝利を掴め(オイ!オイ!<選手名>)

   応援団は具体的にどの箇所が「不適切なフレーズ」に該当するか明らかにしておらず、「どこがダメなんだ?良い歌じゃないか...」「サウスポー無くなったら中日応援する気失せる」と困惑や失望の声が多数寄せられている。

   球団のイベント推進部は1日、J-CASTニュースの取材に、「歌詞の『お前が』について、『選手にお前というのはどうなのか』『子どもも多く観戦する中で、そういう表現はいかがなものか』という意見を頂いたため、応援団と協議しました」と話す。意見元については答えられないとしつつ、今年に入ってからそうした声があったという。

   今後については「たくさんのファンの皆さんに浸透している曲で、曲が悪いわけではないので、歌詞の一部変更を検討しています。ですが、シーズン中いきなり変更するというのは難しいところがあり、当面の間自粛という結論になりました」(担当者)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中