2019年 12月 13日 (金)

「(参院選)終わったらまたバラバラに...」 安倍首相、党首討論で「野党共闘」批判

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「政府を倒すためだけに統一候補を選んでいる」

   安倍氏は、枝野氏が質問に答えなかったことに加え、(1)枝野氏が6月30日のネット党首討論で、統一候補が当選した場合、自衛隊が違憲だという主張は「(任期中の)6年間は国会で言わないことで一致したと理解している」と述べたこと(2)にもかかわらず、沖縄選挙区(改選数1)の野党統一候補予定者が自衛隊が違憲だと主張していること、などを挙げ、野党共闘のあり方を非難した。

「枝野さんの言っていることと違うんじゃないですか?こんなに根本的なところで違う。政府を倒すためだけに統一候補を選んでいる。(参院選が)終わったらまた、バラバラになりますよね。また決められない政治の再現としか、私は言えないのではないかと思います」

   なお、仮に自公政権が倒れ、共産党が連立政権の一角を占めるようなことがあれば「当面の野党連合政権としては自衛隊を容認するし、政府の憲法判断としては合憲という立場をとる」(18年10月・志位和夫委員長)と説明している。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中