2021年 8月 3日 (火)

「れいわ新選組」の候補人選、どう見るか 政治分野の識者2人に聞いた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

木下ちがや氏「普段投票に行かないような層に発信力を持っている」

   J-CASTニュースでは3日、政治分野に詳しい識者に話を聞き、見解を聞いた。

   9人目の候補者が発表された後の段階で、政治学者の木下ちがやさんに取材。木下さんは、次のように答えた。

「消費税廃止というスローガンを打ち出して、ある意味では保守も含めてウイングを広げていく戦略をとった。既成政党とは差異をつけて、ある種のアウトサイダーとして殴り込んでいくスタイルだと思う。だけど今回の候補者を見ていると多様だが、立憲民主党だと耳が聞こえない方を出していたり、LGBTの方を出したりしている。差異を強調していたけど、立憲なんかとバラエティーのパターンがダブってしまうところがあった」。
「(山本太郎氏は)普段投票に行かないような層に発信力を持っている。今の日本社会の中で、安倍政権がまさにそうですが、閉塞感がある。野党側もそれにうまくビジョン出せていない中で、当然(山本氏が)出てきてしかるべきだと。だからといって勝つとは限らない。その辺りは、マスコミの人たちは過大評価している。れいわ新選組の支持率が野党第1党を超えるんじゃないか、という声はあったけど、朝日新聞の調査みれば0パーセント、投票先も1パーセント。ネットの中と外との温度差がある。そこをきちんと踏まえて冷静に、今後のれいわ新選組の展開を見なきゃいけない」。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中