2019年 7月 23日 (火)

KIMONO抗議署名、別目的に「流用」? 発起人発言でリスク浮き彫りに

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米タレントのキム・カーダシアンさん(38)が、補正下着ブランドに「KIMONO」と名付けて批判を受けた問題で、ネットの抗議署名には約14万筆が集まった。

   しかし発起人の女性が、署名を別のプロジェクトに流用する旨の発言をし、批判を集めている。

  • KIMONOの署名ページ
    KIMONOの署名ページ

「終了後に目的をすり替えるのはかなり悪質」

   キム・カーダシアンさんが2019年6月25日(現地時間)、補正下着ブランド「KIMONO」を発表したことを受け、署名サイト「Change.org(チェンジドットオーグ)」では抗議署名が立ち上がった。

   「KIMONO」の名称変更や商標登録申請の取り消しを求め、7月2日までに国内外から13万7000筆集めるなど大きな注目を集めた。

   同日には募集を終了し、発起人の女性は「#Kimono を守りきりました!」「またこのようなことが起こらないように次のステップ:着物の無形文化遺産への登録をするためにみなさんのお力添えをお願いすることがあるかもしれません」とサイトに書き込んでいた。

   キム・カーダシアンさんは1日、この名称を撤回すると発表している。しかし、商標登録については触れなかった。

   批判を集めたのは、署名の発起人である女性が3日にツイッターで「署名を持ってユネスコへの無形文化遺産登録を目指そうと思っています」と、集まった署名を別のプロジェクトに「流用」する計画があると明かしたためだ。

   投稿には、「まだ商標登録の件が片付いてないのに署名の募集を締め切り、署名活動の終了後に目的をすり替えるのは、かなり悪質ではありませんか」「集めた個人情報を許可なく他の目的に使用する事はおやめください」「私は着物を世界遺産にしたいと思って署名した覚えは全くありません」と批判が殺到した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中