2020年 9月 25日 (金)

水ダウ、イッテQ...テレビで大反響の「催眠術」って、そもそも何なのさ? 識者に聞いてみた

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   このところ、立て続けに「催眠術」を題材にしたバラエティー番組が放送され、話題になっている。あたかも自我を失ったかのような様子に、視聴者たちは一喜一憂するが、そもそも催眠術とは何なのだろう。J-CASTニュースは、心理学の専門家に話を聞いてみた。

  • 谷まりあさん(2019年撮影)
    谷まりあさん(2019年撮影)
  • 谷まりあさん(2019年撮影)

「仲直り」企画は失敗

   2019年7月3日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、漫才コンビ「おぼん・こぼん」に催眠術を仕掛けた。

   2月27日放送の「解散ドッキリ」で大反響を呼んだ「おぼん・こぼん」のおぼんさん(70)とこぼんさん(70)の不仲ぶり。「8年間私語なし」という衝撃的な2人の関係をめぐって大きな話題となったが、3日の放送ではその後継企画として、「おぼん・こぼんでも催眠術さえあれば仲直りできる説」を実施。たとえ仲が悪くても、催眠術を使えば関係の修復が可能なのではないかとのテーマで実験を行った。

   その結果は残念ながら失敗。事前通告なしで対面した2人だったが、おぼんさんは対面するなり催眠術が切れた様子で「気分悪いわ」と一言。一方のこぼんさんは、対面直後は笑顔だったものの、十数秒後には口元が引きつり始め、やはり、嫌悪感を示すに至った。この結果を見た視聴者からは、「ダメだったかー」といった企画の失敗を嘆く声が続々と上がった。

   残念ながら、今回の水ダウでは催眠術をもってしても2人の関係を修復することはできず、関係修復を願う視聴者の思いは粉々に砕かれてしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中