2019年 7月 23日 (火)

自民冊子の元ネタ「テラスプレス」、公示後も更新続く 野党批判のトーンそのまま...

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   自民党本部が所属国会議員に配布した冊子「フェイク情報が蝕(むしば)むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識」をめぐり、TBS系ニュース番組の党首討論で意見が交わされる一幕があった。冊子に関しては、新聞や他のテレビ局も記事を出しており、ちょっとした注目を集めている。

   冊子発行元とされる情報サイト「terracePRESS」(テラスプレス)については、「運営主体や連絡先が不明」(毎日新聞)と指摘されており、実際にサイトを見ても、運営社(者)に関する情報は見当たらない。「テラスプレス」は、冊子に関する記事がメディアに出始めた以降も、記事更新を数日おきに続けており、参院選公示後も新しい記事を出した。どんな内容なのか、J-CASTニュース編集部が確認してみた。

  • 「terracePRESS」サイトのトップページ
    「terracePRESS」サイトのトップページ

「news23」の党首討論でも...首相の反応は

   参院選公示の前日(2019年7月3日)夜、「news23」(TBS系)は、与野党の党首(社民は幹事長)7人が討論を行った。この中で、番組はこの冊子を取り上げた。

   「本格的な選挙戦を前にちょっと刺激的な資料が出回っています」

として、自民党本部が「選挙演説の参考に」との案内文をつけて(所属国会議員に)配ったと説明した。小川彩佳キャスターが実物を手にし、表紙にはタイトルの他、国会議事堂の絵や、下部に「terracePRESS」と書かれているのが分かる。目次ページや、「立憲民主・枝野代表の無責任を嗤う」との見出しの記事と、よだれを垂らして視点も定まらない様子の枝野幸男代表の似顔絵イラストが載っているページも開いてみせた。

   安倍晋三首相は「党本部でですね、いろんな冊子を配ってますが、私、いちいちそれを見ておりませんので、全く知らないんですが」と述べた直後、「(冊子の見出しにあるように)無責任だと言えば、無責任だと思いますよ」と野党批判につなげた。小川キャスターは、話を冊子に戻そうとしたが、安倍首相は

「ちょっとねえ、そのマンガ(編注:イラストを含む当該冊子)なんかより、大切なことじゃ...」

と主張した。野党側からは、共産党の志位和夫委員長が「人格をおとしめるようなものを平気で作る。出所不明の文書を自民党の本部として国会議員に配るのですから、選挙をまじめにやる資格がないと言われても仕方ない」と批判。国民民主党の玉木雄一郎代表も「こういう冊子は、やめてくださいよ」と注文をつけた。

   日本維新の会の松井一郎代表は、「出所不明のものを自民党が配るのは大人気ない。横綱・自民が」と述べたが、「大事な参院選挙の党首討論で、出所不明のアレをね、その本をね、TBSが取り上げてやるような話なんかな」と番組側へ疑問も呈した。冊子に関する話は、さして議論も深まらないまま終わった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中